このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] http://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000247183
提供館
(Library)
岡山県立図書館 (2110029)管理番号
(Control number)
M18092710190504
事例作成日
(Creation date)
2018/7/20登録日時
(Registration date)
2018年12月05日 00時30分更新日時
(Last update)
2018年12月05日 00時30分
質問
(Question)
真っ白な虹があると聞いた。実際の写真が見てみたい。また、白い虹はどういう条件で出るのか知りたい。
回答
(Answer)
『水滴と氷晶がつくりだす空の虹色ハンドブック』、『不思議で美しい空の色彩図鑑』、『空のアート』に白い虹のカラー写真が掲載されていたので紹介した。

出現条件については以下の通り記載されていた。

①『水滴と氷晶がつくりだす空の虹色ハンドブック』には、「霧が出ていること」と記載されており、「霧の多い湿原や高原の早朝が狙い目」とある。「霧虹/雲虹/白虹」という項目に紹介されており、「霧や雲をつくる水滴は、雨粒と比べて小さく、光の散乱現象によって色が混じって白くぼんやりとした姿になる。」と説明されている。

②『不思議で美しい空の色彩図鑑』には、「白虹の観察のヒント」として、見られる時、見やすい場所、観察のポイントが紹介されている。「霧が出ているとき、反対側に太陽が出ていたらチャンス」とも記載があり、虹が白くなる理由についても触れられている。

③『空のアート』には、白虹の出現条件について「まず基本的に晴れていること、そして朝霧が出ていること。」と記載されている。また、虹が白くなるメカニズムについても触れられている。
回答プロセス
(Answering process)
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
気象学  (451 9版)
参考資料
(Reference materials)
①池田圭一『水滴と氷晶がつくりだす空の虹色ハンドブック』 文一総合出版,2013,88p. 参照はp.29.
②武田康男『不思議で美しい「空の色彩」図鑑』 PHP研究所,2014,143p. 参照はp.52-53.
③駒沢満晴『空のアート』 地人書館,2013,143p. 参照はp.38-41.
キーワード
(Keywords)
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
M2018092710115890504
調査種別
(Type of search)
内容種別
(Type of subject)
質問者区分
(Category of questioner)
全年齢
登録番号
(Registration number)
1000247183解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!