このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] http://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000247170
提供館
(Library)
岡山県立図書館 (2110029)管理番号
(Control number)
M18083118290462
事例作成日
(Creation date)
2018/08/03登録日時
(Registration date)
2018年12月05日 00時30分更新日時
(Last update)
2018年12月05日 00時30分
質問
(Question)
出雲の木瓜切銀の画像と説明が見たい
回答
(Answer)
①「古銭と紙幣」p63
「出雲木瓜切銀」画像(白黒)有り

②「図録 日本の貨幣 2」に
p27「出雲木瓜銀」画像(カラー)有  p98 図版解説  p300 解説 が有り

p98図版解説に「表面が凸凹はげしく、しわのようになっており、裏面に木瓜形枠宝字の極印が全面的に打たれている。なおはっきりしないが、宝字の上にウロコ紋がある(大蔵省造幣局所蔵)。」とある。P300にもより詳しく書かれていた。

③島根県立古代出雲歴史博物館 および 島根県報道発表資料(島根県WEBサイト)上で2015年の収蔵品「出雲木瓜切銀」画像あり

①~③いずれでも完全な形のものは載っていなかったが、③の解説で
「この種の地方銀は当時、切使いされて流通していたため、小片で伝わることが多いのですが、本品は国内最大クラスの大型品であり、製造の状況や切り使いの様子などを知ることができます。」との記述有り。
作られた時代に関しても③の資料中に「1638年から1668年ごろまでかとする説あり」との記述有り。

④「近世史の研究 第5冊」p282-285,p292
「次に国会図書館上野支部所蔵銀座書留(原名金銀座書留)手帳弐所収の「諸国灰吹位付」」に「出雲 木瓜判」の記載有り。
「出雲の木瓜判は、「但、からす木瓜の極印あり」と注記されている。大日本貨幣史所載造幣局所蔵の雲州木瓜判銀がこれである。この木瓜判はその形状から考えて、出雲国内の通用銀だと思われる。」との記載あり。
回答プロセス
(Answering process)
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
歴史補助学  (202 9版)
参考資料
(Reference materials)
①矢部 倉吉「古銭と紙幣 改訂新版」金園社,2004,581p 参照はp63
②日本銀行調査局/編「図録 日本の貨幣 2」 東洋経済新報社,1975,327p 参照はp27,98,300
③島根県立古代出雲歴史博物館( https://www.izm.ed.jp/cms/news.php?mode=yoyakuadd&id=1262
 島根県報道発表資料(島根県WEBサイト)
http://www3.pref.shimane.jp/houdou/press.asp?pub_year=2015&pub_month=4&pub_day=17&press_cd=4A45C914-62F5-4A68-B101-730A31D8F84E )(2018/8/31時点)
④伊東 多三郎「近世史の研究 第5冊 領国・鉱山・貨幣」吉川弘文館,1984,420p 参照はp282-285,p292
キーワード
(Keywords)
出雲木瓜切銀
古銭
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
M2018083118224690462
調査種別
(Type of search)
内容種別
(Type of subject)
質問者区分
(Category of questioner)
全年齢, 高校生, 中学生
登録番号
(Registration number)
1000247170解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!