このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] http://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000247130
提供館
(Library)
岡山県立図書館 (2110029)管理番号
(Control number)
M18031114490376
事例作成日
(Creation date)
2017/12/1登録日時
(Registration date)
2018年12月05日 00時30分更新日時
(Last update)
2018年12月05日 00時30分
質問
(Question)
ロシア料理のシチーとはどのような料理か。作り方と併せて知りたい。
回答
(Answer)
検索項目に、「全項目:シチー」「分類:596」と入力するが、めぼしい資料は見つからなかった。
改めて、「書名:ロシア」「分類:596」と入力したところ以下典拠①のほかいくつかの資料がヒットした。

①『家庭で作れるロシア料理』荻野恭子 河出書房新社
典拠①によると、シチーは「ロシアの伝統的なスープ」であることがわかり、調理法も載っていた。典拠①の件名を参考に「件名:料理(西洋)-ロシア」と改めて検索したところ、以下の資料がみつかった。

②『世界の食文化19 ロシア』石毛直道監修 農山漁村文化協会 
③『亡命ロシア料理』P.ワイリ著 未知谷 
④『ロシア料理』荻野恭子 東洋書店 ※表記は「シィー」

典拠②によると「九世紀のキエフ公国の時代からすでに作られていた」料理で「いまでもロシアの家庭でよく食べるスープ」であるという。また、典拠③には「シチーはロシア農民の食卓において主食であり、それ一品だけということもよくあった。」との記述もみられ、長くロシアで親しまれてきた料理であることがわかった。なお、具体的なレシピは典拠④に記されていた。

その他、書架のスープ料理の本を確認したところ、下記の資料にレシピが記載されていた。
⑤『ロシアのスープ』荻野恭子 東洋書籍 
⑥『ヨーロッパのスープ料理』誠文堂新光社編 誠文堂新光社
回答プロセス
(Answering process)
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
食品.料理  (596 9版)
参考資料
(Reference materials)
①荻野恭子『家庭で作れるロシア料理 ダーチャの菜園の恵みがいっぱい!』 河出書房新社,2006,103p. 参照はp.25.
②石毛直道監修『世界の食文化19 ロシア』 農山漁村文化協会,2006,297p. 参照はp.78-79.
③P.ワイリ『亡命ロシア料理 豊かな大地の家庭の味』 未知谷,2014,231p. 参照はp.19.
④荻野恭子『ロシア料理』 東洋書店,2004,127p. 参照はp.66-67.
⑤荻野恭子『ロシアのスープ』 東洋書籍,2014,95p. 参照はp.26-27.
⑥誠文堂新光社編『ヨーロッパのスープ料理 フランス、イタリア、ロシア、ドイツ、スペインなど11カ国130品』 誠文堂新光社,2012,223p. 参照はp.83.
キーワード
(Keywords)
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
M2018031114495690376
調査種別
(Type of search)
内容種別
(Type of subject)
質問者区分
(Category of questioner)
全年齢, 高校生, 中学生
登録番号
(Registration number)
1000247130解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!