このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] http://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000244688
提供館
(Library)
安城市図書情報館 (2310061)管理番号
(Control number)
1543
事例作成日
(Creation date)
2018年10月28日登録日時
(Registration date)
2018年10月31日 09時38分更新日時
(Last update)
2018年11月08日 14時39分
質問
(Question)
丈山苑は丈山の生まれた地なのか。また丈山苑はいつできたのか。
回答
(Answer)
以下の資料を提供した。

【丈山苑は丈山の生まれた地なのか】
①『安城の歴史』安城市教育委員会(AA234.5/アン) 
②『安城市の文化財[昭和57年]』安城市教育委員会(AA709/アン)
③『丈山苑案内記[改訂版]』安城市教育委員会文化財課/安城市教育委員会(AA289/イシ)

【丈山苑はいつできたのか】
③『丈山苑案内記[改訂版]』安城市教育委員会文化財課/安城市教育委員会(AA289/イシ)
回答プロセス
(Answering process)
【丈山苑は丈山の生まれた地なのか】
業務システムにて「石川丈山」で検索したが多数ヒットし絞り込めず。
郷土資料の棚を確認。棚にある配布用パンフレット『安城歴史の散歩道~丈山,弥厚の里めぐり』より
石川丈山邸址が丈山苑にあるような記述がされている。パンフレットに「丈山苑(市指定)」とあったため
もう一度業務システムにて「安城」「史跡」でキーワード検索すると①の51頁,②の34頁に石川丈山邸址について記載あり。(この地に生まれ・・・と記されている)
だが2点では丈山苑の中,付近にあると思われる史跡があるかは不明。
さらに棚を確認し資料にあたると、③の11頁の写真に「石川丈山扇邸址の石碑」が載っており,丈山苑北門の横とあったため丈山苑は丈山の生家跡であると考えられる。

【丈山苑はいつできたのか】
業務システムにて「丈山苑」でキーワード検索をしたところ③がヒット。7頁「丈山苑概要」に開苑日の記述あり。
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC 
参考資料
(Reference materials)
安城の歴史. 安城市教育委員会. 1979.(AA234.5/アン)
安城市の文化財[昭和57年]. 安城市教育委員会. (AA709/アン)
丈山苑案内記 : 石川丈山の世界 改訂版. 安城市教育委員会生涯学習部文化財課 編. 安城市教育委員会生涯学習部文化財課, 2007.(AA289/イシ)
http://iss.ndl.go.jp/books/R100000002-I024016654-00
キーワード
(Keywords)
一般書
郷土
丈山苑
石川丈山
石碑
生家
開苑
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
文献紹介 事実調査
内容種別
(Type of subject)
郷土 人物
質問者区分
(Category of questioner)
社会人
登録番号
(Registration number)
1000244688解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!