このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] http://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000244674
提供館
(Library)
北海道立図書館 (2110028)管理番号
(Control number)
参調 18-0034
事例作成日
(Creation date)
2017/8/12登録日時
(Registration date)
2018年10月31日 00時30分更新日時
(Last update)
2018年10月31日 00時30分
質問
(Question)
『千利休とその妻たち』新潮文庫上巻三浦綾子著
19ページ前5行目 大僧正ヶ谷は何と読むのか。だい、或いはおおなのか。

●その質問の出典や情報源、調査済み事項など
僧正ヶ谷はそうじょうがたにと辞書等で出てきますが大が付くと分かりかねます。大僧正はだいそうじょうとあり、検索しますと大天狗、鞍馬山に繋がっているようですがイコールだいそうじょうがたになのか調べがつきませんでした。
回答
(Answer)
出典を確認したところ、照会の部分は能の『鞍馬天狗』のせりふと判明。
当館所蔵の『千利休とその妻たち』を収録した資料(『千利休とその妻たち』『三浦綾子全集 第9巻』)を見るが、ルビなし。

能の資料の中で『鞍馬天狗』が載っている資料を調査。
同一のせりふ「大僧正ヶ谷を分けて雲を踏んで」あり。
「だいそうじやう」(『謡曲大観 第2巻』『観世流謡曲正本 内12』)「だいそうじおう」(『鞍馬天狗』『解註・謡曲全集 第6巻』)と表記。

『解註・謡曲全集 第6巻』のp.180に「大僧正が谷―僧正が谷のこと」と注釈あり。
僧正ヶ谷の読み方は『角川日本地名大辞典26-〔1〕 京都府』に「そうじょうがたに」とある。

したがって、「大僧正ヶ谷」の読みは「だいそうじょうがたに」
回答プロセス
(Answering process)
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
日本文学  (910 7版)
参考資料
(Reference materials)
1 鞍馬天狗 丸岡 明∥著 能楽書林 1950 768/MA/6 鞍馬天狗7丁

2 謡曲大観 第2巻 佐成謙太郎∥著 明治書院 1954 912.3/SA61/2 p.956

3 観世流謡曲正本 内12 観世 左近∥訂正著作 檜書店 1932 768.4/KA/ウチ-12 鞍馬天狗7丁

4 解註・謡曲全集 第6巻 野上/豊一郎?著 中央公論社 1936 912.3/NO/6 p.180

5 角川日本地名大辞典 26-[1] 京都府 「角川日本地名大辞典」編纂委員会?編 角川書店 1982.7 291.03/KA/26-1 p.844

1 千利休とその妻たち 上 三浦/綾子?著 新潮社 2014.1 F/MI/1

2 千利休とその妻たち 三浦綾子∥著 主婦の友社 1990.1 F

3 三浦綾子全集 第9巻 主婦の友社 1992.7 918.68/MI/9
キーワード
(Keywords)
三浦綾子
鞍馬天狗
僧正ヶ谷
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
事項調査
内容種別
(Type of subject)
その他
質問者区分
(Category of questioner)
社会人
登録番号
(Registration number)
1000244674解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!