このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] http://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000244652
提供館
(Library)
北海道立図書館 (2110028)管理番号
(Control number)
参調 18-0012
事例作成日
(Creation date)
2017/9/28登録日時
(Registration date)
2018年10月31日 00時30分更新日時
(Last update)
2018年10月31日 00時30分
質問
(Question)
「時系列」という言葉の使い方について、次のどちらの事例が文法的に正しいのか。

・時系列に説明する。
・時系列で説明する。
回答
(Answer)
1 「時系列」の言葉の意味及び「時系列」を用いた文例については、次の資料に説明が記載されている。

『大きな活字の三省堂国語辞典』(p560)
・(名詞)①ものごとを定期的に測定して出した数値をならべたもの。②(俗)できごとの起こった順番。
・(文例)「事件を時系列でまとめる」

2 “で”、“に”といった格助詞についての定義、説明、機能、文例については、次の資料に説明が記載されている。

(1)格助詞の定義について
『日本語文法ハンドブック』(p16)
・文は動詞や形容詞などの述語と呼ばれる部分にいくつかの名詞句が結び付いてできている。この名詞に付く「が」や「から」は格助詞と呼ばれ、名詞句を動詞などの述語と結び付ける働きをしている(p16)。

(2)“に”、“で”などの格助詞の意味、機能、文例について
『日本語文法ハンドブック』(p21)※『日本語誤用例文小辞典』(p236、243)にも同様な説明あり。

<に>
①(意味)存在場所、(前に来る名詞)場所、(文例)図書館に新聞がある
②(意味)到達点、(前に来る名詞)到達点、(文例)図書館に新聞がある
③(意味)受け手、(前に来る名詞)人、(文例)妹に本をあげる
④(意味)変化結果、(前に来る名詞)状態、(文例)信号が赤に変わる

※以下、項目省略

<で>
⑤(意味)場所、(前に来る名詞)場所、(文例)図書館で勉強する
⑥(意味)材料、(前に来る名詞)材料、(文例)紙で人形を作る
⑦(意味)手段・道具、(前に来る名詞)道具、(文例)パソコンで書類を作る
⑧(意味)原因・理由、(前に来る名詞)出来事、(文例)大雪で電車が止まる

※以下、項目省略

3 質問の文章構成を考えると、“時系列”と“説明する”の間に挿入する格助詞としては、“時系列”が手段と考えられるので、上記⑦に該当、“で”を選択することが相応しい。
回答プロセス
(Answering process)
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
日本語  (810 7版)
参考資料
(Reference materials)
1 大きな活字の三省堂国語辞典 見坊/豪紀?編 金田一/京助?編 三省堂 2008.3 813.1/O

2 初級を教える人のための日本語文法ハンドブック 松岡/弘?監修 庵/功雄?[ほか]著 スリーエーネットワーク 2000.5 815/SH

3 日本語誤用例文小辞典 市川/保子?著 イセブ 1997 810.7/NI
キーワード
(Keywords)
日本語
文法
文例
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
事項調査
内容種別
(Type of subject)
その他
質問者区分
(Category of questioner)
社会人
登録番号
(Registration number)
1000244652解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!