このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] http://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000243823
提供館
(Library)
大阪府立中央図書館 (2120005)管理番号
(Control number)
6001033746
事例作成日
(Creation date)
2018/08/11登録日時
(Registration date)
2018年10月14日 00時30分更新日時
(Last update)
2018年10月14日 00時30分
質問
(Question)
教育者として「野球害毒論」を唱えた新渡戸稲造は、野球をした経験があるのか知りたい。
回答
(Answer)
「野球害毒論」「野球有害論」とも呼ばれますが、元々は朝日新聞に掲載された「野球と其害毒」という連載記事で、その第1回目に新渡戸稲造が寄稿しました。その冒頭で自ら野球経験があると述べています。

・『朝日新聞復刻版 [復刻版] 明治編221』 日本図書センター 2002.4 
P.230 朝日新聞 東京版 1911年8月29日 朝刊 6ページ 「野球と其害毒」より
「私も日本の野球史以前には自分で球を縫つたり打棒(バット)を作つたりして野球をやつた事もあつた」


また、学校教授時代に野球を推奨し、生徒と共に野球に興じた可能性を示唆する記述があります。

・『新渡戸稲造 さっぽろ文庫』 (札幌市教育委員会/編 北海道新聞社 1985.9)
P.77 私立北鳴学校の教頭時代の新渡戸について「彼の推奨したのは野球とスケートだった。彼はこれらの遊戯を単なる体育とは見ず、果敢なる気力を養い、卑怯と勇壮とを判別するスポーツ精神の養成と考えていた。」

P.105 農学校教授時代の新渡戸について「午後4時には野球の練習のため、しばしば生徒と一緒に野球場へ出かけていった。」

・『新渡戸稲造事典』 (佐藤全弘/著 教文館 2013.10)
P.410 新渡戸稲造年譜より「1891(明治24) この年、新渡戸は学生たちと親しくなるために図書館での仕事を引き受け、野球の練習や冬にはアイススケートなどをした。」


[事例作成日:2018年8月11日]
回答プロセス
(Answering process)
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
個人伝記  (289 8版)
参考資料
(Reference materials)
朝日新聞復刻版 [復刻版] 復刻版 日本図書センター  明治編221 (230)
新渡戸稲造 札幌市教育委員会∥編 北海道新聞社 1985.9 (77、105)
新渡戸稲造事典 佐藤/全弘∥著 教文館 2013.10 (410)
キーワード
(Keywords)
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
事実調査
内容種別
(Type of subject)
人物・団体
質問者区分
(Category of questioner)
個人
登録番号
(Registration number)
1000243823解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
未解決
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!