このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] http://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000243752
提供館
(Library)
国立国会図書館(National Diet Library) (1110001)管理番号
(Control number)
C2018口頭1006
事例作成日
(Creation date)
2018年10月12日登録日時
(Registration date)
2018年10月13日 09時47分更新日時
(Last update)
2018年10月23日 17時42分
質問
(Question)
大学生の平均通学時間を知りたい。
回答
(Answer)
大学生の平均通学時間がわかる資料として、以下の資料1、2およびインターネット情報1を紹介します。【 】内は当館請求記号です。
インターネットの最終アクセス日は2018年9月12日です。

資料1
広報室 編. Campus life data. 全国大学生活協同組合連合会, 1992-【Z41-6254】
全国大学生活協同組合連合会が毎年実施している調査の結果をまとめた資料です。対象は国公立・私立大学の学部学生としています。
2017年版では「通学時間」(p.68)に自宅生・下宿生・寮生や男女別・学年別で通学時間の分布が表にまとめられており、それぞれについて、平均通学時間が掲載されています。

資料2
学生生活調査結果. 平成28年度. 日本学生支援機構学生生活部学生支援企画課学生支援調査係, 2018.3.【FD37-L296】)
日本学生支援機構が隔年で実施している調査の結果をまとめた資料です。
「II. 調査結果の概要」に「8. 片道通学時間」(pp.12-13)が収録されており、教育課程別(大学昼間部・短期大学昼間部・大学院修士課程・大学院博士課程・大学院専門職学位課程)、居住形態別(自宅、学寮、下宿・アパート・その他)の分布を表やグラフにまとめています。また、「Ⅳ. 集計表」では、8-1表から8-5表(pp.71-75)までにより詳細な表があり、教育課程別・居住形態別に加えて、地域別(東京圏、京阪神、その他)の片道通学時間の分布がわかります。

インターネット情報1
日本学生支援機構( https://www.jasso.go.jp/ )>「JASSOについて」>「学生支援に関する各種調査」>「学生生活調査」( https://www.jasso.go.jp/about/statistics/gakusei_chosa/index.html
資料2が日本学生支援機構のウェブサイトで公開されています。最新版だけでなく、平成16年度以降の結果を見ることができます。


国立国会図書館提供調べ方ページ「リサーチ・ナビ」の調べ方案内でも、教育統計に関する資料を紹介していますので、あわせてご覧ください。
・教育に関する統計( https://rnavi.ndl.go.jp/research_guide/entry/theme-honbun-102103.php
回答プロセス
(Answering process)
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
教育学.教育思想  (371 10版)
参考資料
(Reference materials)
キーワード
(Keywords)
大学生
通学時間
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
経済社会
調査種別
(Type of search)
内容種別
(Type of subject)
質問者区分
(Category of questioner)
登録番号
(Registration number)
1000243752解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!