このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] http://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000243715
提供館
(Library)
香川県立図書館 (2110006)管理番号
(Control number)
21180
事例作成日
(Creation date)
2018年10月12日登録日時
(Registration date)
2018年10月12日 17時15分更新日時
(Last update)
2018年11月13日 15時11分
質問
(Question)
讃岐国里海庄という地名について書かれた資料はあるか。
回答
(Answer)
次の資料に讃岐国里海庄やその出典についての情報あり.
どの資料も場所の詳細については記載がない。

・日本荘園史大辞典 瀬野精一郎/編 吉川弘文館 2003

  p.404「摂関家領一覧」の中の「東北院領」の表の中に「讃岐 里海荘」あり。

  この表は、「嘉元3(1305)年当時。」と説明があり、
  出典は「嘉元3(推定)・暦応5年正月日「御摂録渡荘目録」(「九条家文書」)」となっている。

・日本荘園大辞典 阿部猛,佐藤和彦/編 東京堂出版 1997

  p.782「里海庄 さとうみのしょう」の項あり。全文は次の通り。

  「讃岐国の荘園。比定地未詳。後一条天皇の乳母藤原美子の私領であったが、
   中宮彰子に本家職を寄進し、彰子の御願寺であった東北院領となり、
   摂関家渡領として相伝される。一方、領家職は美子が領有し、その子孫に相伝されるが、
   数代の相伝を経て顕季流藤原氏が領有するようになった。」

・角川日本地名大辞典 37 香川県 角川書店 1985

  p.362-363「さとうみのしょう 里海庄」の項あり。次のような説明あり。

  「鎌倉期~南北朝期に見える荘園名。讃岐国のうち。比定地不明。・・・」

  この説明中に「讃岐国里海庄」の出典として次の3点が掲載されている。

 (1)「東野州聞書(群書16)」
 (2)「鎌倉遺文 12315、15100」
 (3)「図書寮叢刊 九条家文書」

  当館に上記(3)は所蔵していないが、(1)、(2)については
  次の所蔵あり。

  (1)群書類従 第16輯 塙保己一/編纂 続群書類従完成会 1987
     p.481-511「東野州聞書」の中の
     p.505に「讃岐国里海と申所を。」あり。

  (2)鎌倉遺文

    ・鎌倉遺文 古文書編 第16巻 文永12年(1275)-建治2年(1276)竹内理三/編 東京堂出版 1979
      p.254に「12315」あり。
       文書名「妙意申状 兼仲卿記弘安七年二月巻・同三月巻裏文書」
        本文中に「里海」の記述はなし。
        文末に「建治二年後三月 日」とあり。(建治二年は1276年)

    ・鎌倉遺文 古文書編 第20巻 弘安6年(1283)-弘安8年(1285)竹内理三/編 東京堂出版 1981
      p.141-142に「15100」あり。
       文書名「妙意申状 兼仲卿記弘安七年三月巻裏文書」
        本文中に「被仰下東北院御領讃岐国黒※海庄・・・」とあり。(※原文ママ)
        「〇本文書は12315号へ建治二年後三月日妙意申文の首部なるべし。」との注記あり。
回答プロセス
(Answering process)
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
日本  (291)
四国地方  (218)
参考資料
(Reference materials)
キーワード
(Keywords)
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
内容種別
(Type of subject)
郷土 地名
質問者区分
(Category of questioner)
登録番号
(Registration number)
1000243715解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!