このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] http://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000243671
提供館
(Library)
佐世保市立図書館 (2300056)管理番号
(Control number)
R1001353
事例作成日
(Creation date)
2018/10/02登録日時
(Registration date)
2018年10月12日 00時30分更新日時
(Last update)
2018年11月01日 11時07分
質問
(Question)
先日新聞で【煎(煎の上は前のような横棒)目】という字を見た。今では煎茶【横棒が点々】の字が一般的だが、なぜどちらも存在するのか。
回答
(Answer)
1978年のJISXO028では「煎(点の煎)」が、83年以降は「煎(横棒の煎)」が掲載されている。2004年にJISXO0213の字形が「煎(横棒)」から「煎(点の煎」に改められた。
回答プロセス
(Answering process)
1.漢字の辞典で「煎」を調べようと8番の棚をブラウジング。  
→『大修館漢語新辞典』鎌田正/著 大修館書店 2001年・・・参考資料①
  p.760に「煎(横棒)」の記載あり。
  
2.レファレンスブックの棚をブラウジング。
→『新潮日本語漢字辞典』新潮社/編 新潮社 2007年・・・参考資料②
  p.1393に使い分けの歴史が記載。以下引用。
  
“1978年のJISXO028では「煎(点の煎)」が、83年以降は「煎(横棒の煎)」が掲載されている。2004年にJISXO0213の字形が「煎(横棒)」から「煎(点の煎」に改められた。”
   
参考資料②の複写をされ、調査終了。
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
辞典  (813)
参考資料
(Reference materials)
大修館漢語新辞典 鎌田正/著 大修館書店 2001.4 813.2, ISBN 4-469-03159-3
新潮日本語漢字辞典 新潮社/編 新潮社 2007.9 813.2, ISBN 978-4-10-730215-1
キーワード
(Keywords)
漢字
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
事実調査
内容種別
(Type of subject)
質問者区分
(Category of questioner)
社会人
登録番号
(Registration number)
1000243671解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!