このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] http://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000242561
提供館
(Library)
佐世保市立図書館 (2300056)管理番号
(Control number)
R1001344
事例作成日
(Creation date)
2018/09/12登録日時
(Registration date)
2018年09月15日 00時30分更新日時
(Last update)
2018年10月03日 16時32分
質問
(Question)
下位感覚について書かれている資料がないか。
回答
(Answer)
以下の資料を紹介
 
・『育てにくい子にはわけがある』 木村順/著 大月書店 2006.3   
・『発達障害の子の感覚遊び・運動遊び』 木村順/監修 講談社 2010.10
・『発達支援実践塾』 木村順/編著 学苑社 2014.3 378
回答プロセス
(Answering process)
①キーワード“下位感覚”で検索するも該当なし。
 
②一般件名:“感覚”で検索。
 当館所蔵で該当資料を見ていくと、“感覚統合”という言葉があったので、そのキーワードでも検索。
  
③該当した資料を見ていくと、下記資料にわかりやすく記述があった。
 いずれも「下位感覚」という説明ではなかったが、意識せずに使っている3つの感覚として、お客様から事前に聞いていた感覚の説明あり。
    ◆「触覚(表在感覚)」・・・皮膚からの感覚
    ◆「固有覚(深部感覚)」・・・筋肉や関節の感覚
    ◆「前提覚(平衡感覚)」・・・通称バランス感覚
 
    ・『育てにくい子にはわけがある』 木村順/著 大月書店 2006.3   
    ・『発達障害の子の感覚遊び・運動遊び』 木村順/監修 講談社 2010.10
    ・『発達支援実践塾』 木村順/編著 学苑社 2014.3 378
事前調査事項
(Preliminary research)
感覚で、五感の他に触覚・前庭覚・固有受容覚という下位感覚というものがある。
この下位感覚が鈍いと、発達障害や自閉症になるということを聞いた。
NDC
障害児教育[特別支援教育]  (378)
参考資料
(Reference materials)
育てにくい子にはわけがある 木村順/著 大月書店 2006.3 378, ISBN 4-272-40325-7
発達障害の子の感覚遊び・運動遊び 木村順/監修 講談社 2010.10 378, ISBN 978-4-06-259654-1
発達障害の子を理解して上手に育てる本 幼児期編 木村順/監修 小学館 2012.9 378, ISBN 978-4-09-310808-9
たのしくあそんで感覚統合 佐藤和美/著 かもがわ出版 2008.1 378, ISBN 978-4-7803-0140-3
発達支援実践塾 木村順/編著 学苑社 2014.3 378, ISBN 978-4-7614-0760-5
キーワード
(Keywords)
感覚
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
文献紹介
内容種別
(Type of subject)
質問者区分
(Category of questioner)
社会人
登録番号
(Registration number)
1000242561解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!