このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] http://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000242489
提供館
(Library)
県立長野図書館 (2110021)管理番号
(Control number)
県立長野-18-068
事例作成日
(Creation date)
2018年09月11日登録日時
(Registration date)
2018年09月13日 17時52分更新日時
(Last update)
2018年09月19日 11時43分
質問
(Question)
1. 日中戦争、太平洋戦争の時、その戦争に対する思いを残した漢詩を知りたい。

2. 満州の生活での思いを残した漢詩を知りたい。
回答
(Answer)
1. 日中戦争・太平洋戦争
 『歳々好縁 続・思い出の漢詩集』 高沢嘉津雄著 2001 【N990/53】 p.369
  「戦雲空應知蹉跎
   夢中故郷看山河
   莫愁前途苦難道
   不可忘勅終戦日」
 昭和21年に書かれたことより太平洋戦争への詩として回答。意味は「敗戦という残念な結果になってしまった。国へ帰っても苦難な生活を覚悟しなければならない。しかし、その苦難に耐えて、日本再建に尽力しなければならない。」となる。
 『信濃毎日新聞』 2007年(平成19年)5月26日の夕刊7面に大内兵衛の漢詩が東京都三鷹市の社会運動資料センターで見つかったとの記事あり。
「朝見梟盗摧銕錠
  夕聞王師圧徐州
  誰云幽囚必徒然
  別有史眼壺中濶」
 『信濃毎日新聞』によると、「この漢詩は、日本軍による三十八(1938)年五月の中国・徐州占領など内外騒然とする中「とらわれの身では何もできないと人は言うだろうが、自分には歴史を見る目が備わっており、留置場に閉じ込められても、狭苦しいとは思わないとの心境を伝えている。」とのことだった。
 また、太平洋戦争に関して『信濃毎日新聞』には、2015年(平成27年)6月20日の夕刊7面に太平洋戦争中の心情を記した漢詩が見つかったとの記載あり。松江市の民家に保管されているため、詳しい情報は得られなかった。

2. 満州
 『政治家と書 近現代に於ける日本人の教養』 松宮貴之著 雄山閣 2014 【728.21/マタ】 p.146
   「帰来時事日紛々
    何處親朋細話文
    正是白雲紅葉節
    皇城客舎又思君」
 この漢詩は戦時中、大東亜省の顧問を務め、陽明学者である安岡正篤が詠んだものであり、意味は「帰国してみるとやはり時事問題に忙殺されてしまい、親しい友にも詳細な話ができずじまい。しかしちょうど白雲紅葉の好時節である。帝都の旅館で、君とともに語り合いたいものだ。」になる。「この詩は1938(昭和13)年10月に北京及び満州を旅行し、北京より帰朝した感想を述べたものである。」と記載あり。
回答プロセス
(Answering process)
1. 当館OPACで「漢詩 戦争」、「漢詩 満州」で検索。『政治家と書 近現代に於ける日本人の教養』に満州での生活が記されていたので、意味と合わせて回答。

2. 一般及び郷土のN990(漢詩文)をブラウジング。『歳々好縁 続・思い出の漢詩集』に昭和21年頃の戦争に向けた漢詩が見つかったので、意味と合わせて回答。

3. 満州の資料に漢詩がないか確認するため、郷土のN334をブラウジングしたが、見つからなかった。

4. 『信濃毎日新聞データベース』で「漢詩 戦争」、「漢詩 満洲」でキーワード検索したところ、2件見つかったので回答。一つは漢詩が記載されていたが、もう一つは民家に保管されているとしか記載がなかった。
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
その他の諸言語文学  (990)
人口.土地.資源  (334)
参考資料
(Reference materials)
高澤嘉津雄 著 , 高沢, 嘉津雄. 歳々好縁 : 続・思い出の漢詩集. 高澤嘉津雄, 2001. 【N990/53】
http://iss.ndl.go.jp/books/R100000002-I000002975631-00
松宮貴之 著 , 松宮, 貴之, 1971-. 政治家と書 : 近現代に於ける日本人の教養. 雄山閣, 2014. 【728.21/マタ】
http://iss.ndl.go.jp/books/R100000002-I025904744-00 , ISBN 9784639023364
大窪董齋 [作] , 宮崎眞 著 , 大窪, 董齋, 1800-1860 , 宮崎, 眞, 1922-. 滴翠詩屋吟稿 : 大窪董齋の詩. 楽地保存会, 2014. 【N990/69】
http://iss.ndl.go.jp/books/R100000002-I026094686-00
満洲開拓史刊行会 編. 満洲開拓史. 満洲開拓史刊行会, 1966. 【N990/139】
http://iss.ndl.go.jp/books/R100000002-I000001081960-00
第5次伊拉哈会/編 , 第5次伊拉哈会. 遥かなり望郷の軌跡 : 伊拉哈義勇隊原中隊回顧録. 第5次伊拉哈会. 【N334/95】
http://iss.ndl.go.jp/books/R100000001-I059196435-00
キーワード
(Keywords)
漢詩
日中戦争
太平洋戦争
満洲
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
事実調査
内容種別
(Type of subject)
郷土 言葉
質問者区分
(Category of questioner)
社会人
登録番号
(Registration number)
1000242489解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!