このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] http://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000241900
提供館
(Library)
豊中市立図書館 (2310050)管理番号
(Control number)
6000040922
事例作成日
(Creation date)
2018/06/30登録日時
(Registration date)
2018年09月05日 00時30分更新日時
(Last update)
2018年10月05日 15時55分
質問
(Question)
みつばちの学名「Apis cerana」「Apis florea」「Apis dorsata」の読み方が知りたい。
回答
(Answer)
『蝶の学名 その語源と解説』 平嶋 義宏/著 九州大学出版会 1987.7 (486.8)  
→P.5に「学名の基礎知識」の中で学名のつけ方の例として4種のミツバチの学名が記載されていた。
 アジアミツバチApis cerana (アピス・ケラーナ)
 セイヨウミツバチ Apis mellifera (アピス・メリフェラ)
 オオミツバチ Apis dorsata (アピス・ドルサータ)
 ヒメミツバチ Apis florea (アピス・フローレア)

和名が調べていた辞典とは、異なったものもあったので、アジアミツバチはトウヨウミツバチ、ニホンミツバチ、ヒメミツバチはコミツバチともいわれますとお伝えした。

学名のカタカナ表記はないが以下の資料もお見せした。
『昆虫学大事典』『生物学名命名法辞典』
回答プロセス
(Answering process)
書架にある以下の資料を調べるが、学名の読み方はなっかた。
●『羅和辞典』研究社 2009.3 (892.3) 
●『昆虫学大事典』朝倉書店 2003.2(486.036) 
→ P.964 説明文のなかに「トウヨウミツバチApis cerana」「コミツバチA. florea」「オオミツバチA. dorsata」
●『原色日本昆虫図鑑 下』保育社 1977.8 (486.038) 
→ P.337にミツバチ「Apis cerana Fabricius」ニホンミツバチともいわれているとあり。 
『地球博物学大図鑑』東京書籍 2012.6 (460.38) 
→ P.299に 「Apis mellifera」セイヨウミツバチ
●『学研生物図鑑 [3] 特徴がすぐわかる 昆虫 3』 改訂版 学研 1990.3 (460.38)  
→ 「Apis cerana Fabricius」ニホンミツバチP.314、「Apis mellifera Linnaeus」ヨウシュミツバチP.380
学名索引からP.162写真のページにある和名より解説索引へ。
解説索引P.362 ミツバチか(ミツバチ科)には学名なし。
●『世界のミツバチ・ハナバチ百科図鑑』 ノア・ウィルソン=リッチ/著
 河出書房新社 2015.6 (486.7) 
→ 学名のカタカナ表記なし。
 学名索引より「Apis cerana→トウヨウミツバチ」「Apis dorsata→オオミツバチ」 「Apis Florea→コミツバチ」

「学名」で検索
『生物学名命名法辞典』 平嶋 義宏/著 平凡社 1994.11 (460.34) 
P.7~13に学名の命名の仕方でミツバチを例に説明があるが、カタカナ表記はない。
植物の学名についてはカタカナ表記あり。

著者の平嶋 義宏氏で検索し、『蝶の学名』も取寄せてみたら、この資料にカタカナ表記が載っていた。
●『蝶の学名 その語源と解説』 平嶋 義宏/著 九州大学出版会 1987.7 (486.8)
→P.5に「学名の基礎知識」の中で学名のつけ方の例として4種のミツバチの学名が記載されていた
アジアミツバチApis cerana (アピス・ケラーナ)
セイヨウミツバチ Apis mellifera (アピス・メリフェラ)
オオミツバチ Apis dorsata (アピス・ドルサータ)
ヒメミツバチ Apis florea (アピス・フローレア)
 

レファ協を「学名」「読み方」とキーワード検索したところ、福井県立図書館が登録した関連事例がみつかった。
→「にんじんの学名「Daucus carota」の読み方を教えてほしい。利用者は、音読するために知りたい。」 http://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000027115
これよると、「ラテン語本来の発音はローマ字の読み方に近かったと考えればよさそう」とわかった。
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
昆虫類  (486)
参考資料
(Reference materials)
『蝶の学名』 平嶋 義宏/著 九州大学出版会 (P.5)
キーワード
(Keywords)
学名(ガクメイ)
ミツバチ(ミツバチ)
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
文献紹介
内容種別
(Type of subject)
質問者区分
(Category of questioner)
一般
登録番号
(Registration number)
1000241900解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!