このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] http://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000241449
提供館
(Library)
白井市立図書館 (2310007)管理番号
(Control number)
shi-r1000358
事例作成日
(Creation date)
登録日時
(Registration date)
2018年08月30日 16時16分更新日時
(Last update)
2018年08月31日 15時29分
質問
(Question)
和紙をつくる時に、トロロアオイはどのように使われるか
回答
(Answer)
根から抽出する粘液で、粘剤として用いられる。

和紙のつくりかたに関する本を確認。
多くの本が、和紙の原料の項目に記載あり。
(記載の一例)
①『産地別すぐわかる和紙の見わけ方』
和紙関係の用語解説の項目のP122に「アオイ科の一年生顕花植物で、その根から抽出する粘液は粘剤として最も多く用いられる」と記載あり。
②『野草で紙をつくる』
紙をつくるための用具と材料の項目のP16に、トロロアオイをつかったつくり方の記載と写真あり。
③『和紙の道しるべ』
植物性粘質物の項目のP162に、トロロアオイの記載と写真あり。
④『現代の紙造形』
9.紙の化学(2)和紙の原料の項目P139に「黄蜀葵(トロロアオイ)の粘滑液を加え」の記載あり。
⑤『和紙のすばらしさ』
製紙の原料の項目P14に、植物のりとして、トロロアオイの記載あり。
⑥『彩飾和紙譜』
和紙づくりの特徴の項目P61に、トロロアオイの記載とイラストあり。
回答プロセス
(Answering process)
事前調査事項
(Preliminary research)
昔、埼玉県小川町で紙をつくるところを見学した。
その時にトロロアオイの種をもらったが、毎年黄色い花を咲かせている。
今度、このトロロアオイを使って紙をつくってみようと思っている。
NDC 
参考資料
(Reference materials)
久米康生 著 , 久米, 康生, 1921-. 産地別すぐわかる和紙の見わけ方. 東京美術, 2003.
http://iss.ndl.go.jp/books/R100000002-I000004272585-00 , ISBN 4808707462
相沢征雄 著 , 相沢, 征雄, 1945-. 野草で紙をつくる. 創和出版, 1993. (シリーズ親と子でつくる ; 19)
http://iss.ndl.go.jp/books/R100000002-I000002254661-00 , ISBN 4915661482
町田誠之 著 , 町田, 誠之, 1913-. 和紙の道しるべ : その歴史と化学. 淡交社, 2000.
http://iss.ndl.go.jp/books/R100000002-I000002869781-00 , ISBN 4473017397
伊部京子 編 , 伊部, 京子, 1941-. 現代の紙造形 : どこでもできる"紙漉". 至文堂, 2000.
http://iss.ndl.go.jp/books/R100000002-I000002944610-00 , ISBN 4784302042
ダード・ハンター 著 , 久米康生 訳 , Hunter, Dard, 1883-1966 , 久米, 康生, 1921-. 和紙のすばらしさ : 日本・韓国・中国への製紙行脚. 勉誠出版, 2009.
http://iss.ndl.go.jp/books/R100000002-I000010561941-00 , ISBN 9784585032472
久米康生 著 , 久米, 康生, 1921-. 彩飾和紙譜 : 生活を彩る和紙. 平凡社, 1994.
http://iss.ndl.go.jp/books/R100000002-I000002356844-00 , ISBN 4582657036
キーワード
(Keywords)
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
内容種別
(Type of subject)
質問者区分
(Category of questioner)
登録番号
(Registration number)
1000241449解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!