このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] http://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000240659
提供館
(Library)
広島県立図書館 (2110011)管理番号
(Control number)
広県図20180005
事例作成日
(Creation date)
20180804登録日時
(Registration date)
2018年08月15日 10時07分更新日時
(Last update)
2018年08月21日 10時44分
質問
(Question)
広島に原爆を投下したエノラ・ゲイの乗組員は,放射線の影響を受けなかったのか。
回答
(Answer)
 参考資料①のp.441には「エノラ・ゲイの乗員は、みんなその閃光を見、その強烈さに圧倒された。(略)ティベッツは「口の中にその光の味を感じたが、鉛のような味だった」」という記述がある。

 この記述については,『毎日新聞』2018(平成30)年8月4日27面「広島原爆投下時「鉛の味」 エノラ・ゲイ機長ら証言 未確認テープ資料館に寄贈」という記事がある。
 記事では,「英国人のゴードン・トマス氏らの著作「エノラ・ゲイ」(1977年出版)の取材資料の複製とみられる」テープの内容として「光に包まれた時、鉛のような味がした。きっと放射線(の影響)だろう。とてもほっとした。(原爆が)さく裂したと分かったから」というインタビュー内容を紹介している。

 同じ体験については,他の資料にも次のとおり記述があった。
 参考資料②p.286「ティベッツ隊長は、(略)歯がうずくような妙な感覚にとらわれ、鉛の味が広がったことをテニアンに帰投して軍医に報告した。後にこれは、歯の詰め物が原子力の放射エネルギーに反応していたと判明した。」
 参考資料③p.151「コクピットに突然見たこともない強烈な閃光が走った。そのとき、ふしぎなことにチベッツはその閃光の味を感じた。そう、口の中で味わったのだ。まるで鉛のような味だった。多分、虫歯の詰め物が放射線の影響を受けたんだろう。」
 参考資料④p.8「彼[ポール・ティベッツ]は、原爆が爆発したときには、それを実際に体で感じることができた、と説明した。「口の中が鉛で詰まったような感じだった」と。」

 また,参考資料⑤のp.39には,「副機関士であると同時に副射手として「エノラ・ゲイ」に近寄って来る敵機を警戒していたロバート・シュマード氏は、(略)一九六七年四月死去。白血病だったという。」という記述がある。ただし,放射線の影響については言及されていない。

 この他,参考資料⑥~⑩を調査したが,関連の記述は見付からなかった。
回答プロセス
(Answering process)
1 エノラ・ゲイの原爆投下に関する資料を調査した。
2 エノラ・ゲイの乗組員による自伝を探したが,当館には所蔵なし。
3 放射線被曝に関する資料を調査した。
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
兵器.軍事工学  (559)
参考資料
(Reference materials)

ゴードン・トマス/[著] , マックス・モーガン=ウィッツ/[著] , 松田 銑/訳 , Thomas‖Gordon , Morgan‐Witts‖Max , 松田‖銑. エノラ・ゲイ : ドキュメント 原爆投下. TBSブリタニカ, 1980.
http://iss.ndl.go.jp/books/R100000001-I000184168-00  (p.439-452 衝撃波)

本多巍耀 著 , 本多, 巍耀, 1945-. 原爆を落とした男たち : マッド・サイエンティストとトルーマン大統領. 芙蓉書房出版, 2015.
http://iss.ndl.go.jp/books/R100000002-I026776896-00 , ISBN 9784829506608 (p.267-288 ヒロシマ)

広島平和教育センター設立準備委員会. 原爆投下の軌跡 : エノラ・ゲイ機長の証言、その歴史的背景. 広島平和教育センター設立準備委員会, 1980.
http://iss.ndl.go.jp/books/R100000001-I074361372-00 , ISBN 465114201X (p.141-162 閃光、盛り上がるキノコ雲)

グレン・バン ウォリビー 著 , 和田 敏彦 訳 , グレン・バン ウォリビー , 和田 敏彦. 原爆を落とした男たち--エノラ・ゲイ号乗組員の神話と現実--「ヒロシマ」39年後の心の傷あとを追う. 1984-07-27. Asahi journal / 朝日新聞社 [編] 26(32) p. p6-18
http://iss.ndl.go.jp/books/R000000004-I2671872-00

久保安夫 [ほか]著 , 久保, 安夫, 1955-. 原爆搭載機「射程内ニ在リ」 : B29エノラ・ゲイ. 立風書房, 1990.
http://iss.ndl.go.jp/books/R100000002-I000002060837-00  (p.19-43 甦る原爆搭載機“エノラ・ゲイ”)

チャールズ・W.スウィーニー 著 , 黒田剛 訳 , Sweeney, Charles W, -2004 , 黒田, 剛, 1966-. 私はヒロシマ、ナガサキに原爆を投下した. 原書房, 2000.
http://iss.ndl.go.jp/books/R100000002-I000002940918-00 , ISBN 4562032189

マーティン・ハーウィット [著] , 山岡清二 監訳 , 渡会和子, 原純夫 訳 , Harwit, Martin, 1931- , 山岡, 清二, 1936- , 渡会, 和子, 1949- , 原, 純夫, 1942-. 拒絶された原爆展 : 歴史のなかの「エノラ・ゲイ」. みすず書房, 1997.
http://iss.ndl.go.jp/books/R100000002-I000002616522-00 , ISBN 4622041065

トム・エンゲルハート, エドワード・T.リネンソール 編 , 島田三蔵 訳 , Linenthal, Edward Tabor, 1947- , Engelhardt, Tom, 1944- , 島田, 三蔵, 1938-2007. 戦争と正義 : エノラ・ゲイ展論争から. 朝日新聞社, 1998. (朝日選書 ; 607)
http://iss.ndl.go.jp/books/R100000002-I000002702677-00 , ISBN 4022597070

中川保雄 著 , 中川, 保雄, 1943-1991. 放射線被曝の歴史 : アメリカ原爆開発から福島原発事故まで 増補. 明石書店, 2011.
http://iss.ndl.go.jp/books/R100000002-I000011297241-00 , ISBN 9784750334820

中国新聞社 編著 , 中国新聞社. 年表ヒロシマ : 核時代50年の記録. 中国新聞社, 1995.
http://iss.ndl.go.jp/books/R100000002-I000002474808-00  (索引で「エノラ・ゲイ」が含まれる項目を確認した。)
キーワード
(Keywords)
エノラ・ゲイ
原爆
原子爆弾
ヒロシマ
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
文献紹介
内容種別
(Type of subject)
郷土
質問者区分
(Category of questioner)
社会人
登録番号
(Registration number)
1000240659解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
未解決
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!