このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] http://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000240623
提供館
(Library)
吹田市立中央図書館 (2310124)管理番号
(Control number)
吹-70-2018-010
事例作成日
(Creation date)
2017年08月05日登録日時
(Registration date)
2018年08月14日 13時47分更新日時
(Last update)
2019年02月13日 18時16分
質問
(Question)
河内音頭(かわちおんど)の歌詞と踊り方について知りたい。時事ネタの歌詞は不要。
回答
(Answer)
以下の資料を紹介した。

(1)『知ろう!おどろう!日本のおどり 2 北信越・東海・関西のおどり』(日本フォークダンス連盟(日本民謡委員会)/監修 すずき出版 2013.3) p26~p27 イラストでわかりやすく踊り方を紹介。踊りは「まめかち」。歴史、特色も掲載。歌詞は1番のみ。(2)の歌詞より1行多い。

(2)『日本民謡舞踊全集 図解振付 西日本編』(榊原帰逸/著 金園社 1977) p175~p178 小さい写真だが踊り方の説明と解説があり。歌詞は2番まであり。

(3)『日本民謡事典』(長田暁二・千藤幸蔵/編著 全音楽譜出版社 2012.5) p566~p571 (1)(2)とは違う歌詞。楽譜あり。踊り方の説明はなし。

(4)CD『全国盆踊り集』(日本コロンビア 1999)11曲目 せんせんづくし 付属の「振付集」p18~p19に踊り方があり。ただし写真は小さい。p31に歌詞が4番まであるが時事ネタのようである。
回答プロセス
(Answering process)
『日本国語大辞典 第3巻 第2版』(小学館 2001.3)p1180の「河内音頭」の項に「大阪府八尾市を中心に河内地方で歌われる口説(くどき)形式の盆踊り唄。地域や流派によって、歌詞、節などが異なる。」とあった。

次に、「河内音頭」「盆踊り」をキーワードにして当館の検索機で調べ、大阪に関係ありそうな本やCDをその中から選び出し中身を確認した。即興で作られる時事ネタの歌詞はよいとのことなので、民謡の本にもあたった。
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
年中行事.祭礼  (386 10版)
声楽  (767 10版)
参考資料
(Reference materials)
日本フォークダンス連盟(日本民踊委員会) 監修 , 日本フォークダンス連盟. 知ろう!おどろう!日本のおどり 2 (北信越・東海・関西のおどり). 鈴木出版, 2013.
http://iss.ndl.go.jp/books/R100000002-I024293286-00 , ISBN 9784790232674
榊原 帰逸/著 , 榊原‖帰逸. 日本民謡舞踊全集 : 図解振付 西日本編. 金園社, 1977.
http://iss.ndl.go.jp/books/R100000001-I011423379-00
長田暁二, 千藤幸蔵 編著 , 長田, 暁二, 1930- , 千藤, 幸蔵, 1937-2012. 日本民謡事典. 全音楽譜出版社, 2012.
http://iss.ndl.go.jp/books/R100000002-I023618735-00 , ISBN 9784118802312
全国盆踊り集. 日本コロンビア, 1999.
日本国語大辞典第二版編集委員会, 小学館国語辞典編集部 編 , 小学館. 日本国語大辞典 第3巻 第2版. 小学館, 2001.
http://iss.ndl.go.jp/books/R100000002-I000002987787-00 , ISBN 4095210036
キーワード
(Keywords)
河内音頭(かわちおんど)
盆踊り
民謡
郷土舞踊
大阪府(おおさかふ)
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
文献紹介
内容種別
(Type of subject)
質問者区分
(Category of questioner)
社会人
登録番号
(Registration number)
1000240623解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!