このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] http://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000240575
提供館
(Library)
所沢市立所沢図書館 (2310110)管理番号
(Control number)
所沢狭山-2018-36
事例作成日
(Creation date)
2017/06/26登録日時
(Registration date)
2018年08月13日 00時30分更新日時
(Last update)
2018年08月14日 12時33分
質問
(Question)
運動ニューロン症について知りたい。
回答
(Answer)
以下の資料に記載があります。 
 〇『南山堂医学大辞典』 南山堂 2001年
 〇『家庭の医学』 野村馨/総監修 成美堂出版 2013年
 〇『新ALSケアブック』 日本ALS協会/編 川島書店 2013年
回答プロセス
(Answering process)
1.所蔵資料確認  
 〇『南山堂医学大辞典』 南山堂 2001年
   P166~167 「運動ニューロン疾患(MND)」 について記載あり。
 「随意運動神経系のみが選択的に侵される疾患群の総称。知覚、感覚、自律神経系は健在で、他の内臓系統も侵されない。神経系の退行性疾患で疾病により進行度は異なるものの増悪する傾向が強い。上位運動ニューロン系、下位運動ニューロン系、脳神経系、脊髄神経系など責任病巣によって病名が異なる。また、原因不明の例がほとんどである。(中略)代表的な筋委縮性側索硬化症amyotrophic lateral sclerosis(ALS)は、中年以後に発病、四肢遠位筋の筋萎縮に始まり、数年間で全身に及び球麻痺(きゅうまひ:延髄の運動核の障害による麻痺)にまで至る進行性疾患であるが、眼輪筋と尿道括約筋が最後まで侵されないのが特徴とされている。いずれの疾患も現在のところ、根治療法は見出せない。」
 
 〇『家庭の医学』 野村馨/総監修 成美堂出版 2013年
   P539 「筋萎縮性側索硬化症(きんいしゅくせいそくさくこうかしょう)」の症状と特徴、原因、治療について記載あり。
   P539 「脊髄性進行性筋委縮症(せきずいせいしんこうせいきんいしゅくしょう)」の症状と特徴、治療について記載あり。
 
2.県内所蔵資料の確認 
 〇『新ALSケアブック』 日本ALS協会/編 川島書店 2013年
   ALS(筋萎縮性側索硬化症)について、症状や治療の現状、療養時のケアなどについて解説あり。
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
内科学  (493 9版)
医学  (490 9版)
参考資料
(Reference materials)
南山堂医学大辞典 南山堂 2001.9 490.33 4-525-01041-X
家庭の医学 野村馨/総監修 成美堂出版 2013.5 598.3 978-4-415-31538-6
新ALSケアブック 日本ALS協会/編 川島書店 2013.2 493.64 978-4-7610-0892-5
キーワード
(Keywords)
ALS
難病
ニューロン
筋萎縮性側索硬化症
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
文献紹介
内容種別
(Type of subject)
その他
質問者区分
(Category of questioner)
一般
登録番号
(Registration number)
1000240575解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!