このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] http://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000240415
提供館
(Library)
尼崎市立地域研究史料館 (5000006)管理番号
(Control number)
146
事例作成日
(Creation date)
2018年08月10日登録日時
(Registration date)
2018年08月10日 14時44分更新日時
(Last update)
2018年08月10日 14時46分
質問
(Question)
画家・佐伯祐三と尼崎の関わりについて調べたい。
回答
(Answer)
佐伯祐三(1898-1928)は、大阪市出身の洋画家です。画家としての活動期間をおもにパリで過ごし、30歳で亡くなりました。
尼崎出身の政治家で、戦後は尼崎市長、兵庫県知事を務めた阪本勝が、大阪府立北野中学校(旧制)における佐伯祐三の同窓生でした。若くして亡くなった友への思いから、阪本は昭和45年(1970)に佐伯祐三の伝記を著し、さらに初代館長に就任した兵庫県立近代美術館において「佐伯祐三展」を開催しています。
また、祐三の姉・春榮が、尼崎城下中在家町(現西本町)の寺院・浄善寺に嫁いでおり、祐三と春榮の姪にあたる同寺の梅園美津子氏への聞き取り調査によれば、同寺が昭和20年の空襲により焼ける以前には佐伯祐三の作品が寺にあったとのことです。

こういった、佐伯祐三と尼崎の関わりについて、阪本勝による伝記『佐伯祐三』(日動出版部,1970)や、藤野順『阪本勝と佐伯祐三』(青弓社,1982)といった参考文献により調べることができます。
回答プロセス
(Answering process)
佐伯祐三と尼崎及び阪本勝との関わりについて記した参考文献

◆阪本勝著『佐伯祐三』(日動出版部,1970)
◆藤野順著『阪本勝と佐伯祐三』(青弓社,1982)
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
個人伝記  (289 10版)
洋画  (723 10版)
参考資料
(Reference materials)
阪本勝 著 , 阪本, 勝, 1899-1975. 佐伯祐三. 日動出版部, 1970.
http://iss.ndl.go.jp/books/R100000002-I000001281796-00  (当館請求記号 723.6/(阪))
藤野順 著 , 藤野, 順, 1919-. 阪本勝と佐伯祐三 : ある文人知事の生涯. 青弓社, 1982.
http://iss.ndl.go.jp/books/R100000002-I000001595801-00  (当館請求記号 289.6/A/(阪))
キーワード
(Keywords)
佐伯祐三
阪本勝
浄善寺
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
文献紹介
内容種別
(Type of subject)
郷土 人物
質問者区分
(Category of questioner)
社会人
登録番号
(Registration number)
1000240415解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決