このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] http://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000240414
提供館
(Library)
春日市民図書館 (2310234)管理番号
(Control number)
1569
事例作成日
(Creation date)
2018年08月10日登録日時
(Registration date)
2018年08月10日 14時26分更新日時
(Last update)
2018年08月10日 14時26分
質問
(Question)
春日村に伝染病院付属の火葬場があったかどうか知りたい。
回答
(Answer)
伝染病院の存在は確認できたが、火葬場の有無については不明。
回答プロセス
(Answering process)
『春日市史(中)』P.89-91に「大正8年、春日原にあった郡立の伝染病院を小倉区の藤波に移転し、春日村立伝染病院とした」とある。
『春日市史(中)』P.691-693に「春日市の伝染病院は、大正8年に春日村立伝染病院が設立されるまでは春日村駿河792番地と793番地(春日原)に…(中略)…「三郡立避病院」というのがあった。…(中略)…春日村立伝染病院は、春日村小倉藤波1436番地に一反一畝の敷地を購入し、そこに建坪78.75坪の木造平屋の病院を建てた」とある。P692には村立伝染病院の見取り図の掲載もあるが、火葬場の記載はなし。

大正15年~昭和35年の地図の該当箇所に避病院のマークあり。

『春日町郷土誌(昭和29年発行)』P.13-14に「元避病院としては春日原の東部今の豊川稲荷附近の山中にあり火葬場も増設してあったが、建物の老朽化と交通不便の為め大正8年4月小倉の地に移転改築せられ今日に及んで居る。又火葬場は昭和22年6月浦の原東隣の山中に新設せられ…」と火葬場について記述はあるが、確たるところは定かではない。
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC 
参考資料
(Reference materials)
キーワード
(Keywords)
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
文献紹介 事実調査 所蔵調査
内容種別
(Type of subject)
郷土
質問者区分
(Category of questioner)
社会人
登録番号
(Registration number)
1000240414解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
未解決
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!