このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] http://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000239772
提供館
(Library)
大阪府立中央図書館 (2120005)管理番号
(Control number)
6001032541
事例作成日
(Creation date)
2018/05/20登録日時
(Registration date)
2018年07月30日 00時30分更新日時
(Last update)
2018年07月30日 00時30分
質問
(Question)
津本陽の『下天は夢か』を読んでいたところ、「化天」の方が正しいかもしれないと言われた。「下天」は誤りなのか。
回答
(Answer)
織田信長関連の史料ならびに出典の幸若舞の『敦盛』の表記を調査しました。調査した資料の中から一部紹介します。
1.「下天」と表記されている資料
・『改定史籍集覧 第19冊:新加通記類』(近藤瓶城/編 臨川書店 1984.2)
p.31信長の家臣である太田牛一が記した信長の伝記『信長公記』が収録されています。

・『信長記:上』(小瀬甫庵/撰 現代思潮社 1981.9)
p.59安土桃山時代・江戸時代前期の儒学者の小瀬甫庵による信長の伝記です。

・『定本常山紀談:上』(湯浅常山/著 新人物往来社 1979.4)
p.52戦国時代を中心にした合戦の物語集です。

・『寛永版舞の本』(須田悦生/[ほか]編 三弥井書店 1990.5)
p.189『敦盛』が収録されています。

2.「化天」と表記されている資料
・『幸若舞:3』(荒木繁/編注 平凡社 1983.10)
p.90『敦盛』が収録されています。

・『新日本古典文学大系59:舞の本』(佐竹昭広/[ほか]編集委員 岩波書店 1994.7)
p.227『敦盛』が収録されています。ただし、脚注には「一説に「下天(げてん)」とする」との記述があります。

3.その他
・『幸若舞曲研究:第7巻』(吾郷寅之進/編 三弥井書店 1992.1)
この資料には『敦盛』が2点収録されています。
p.344京都大学付属図書館蔵「幸若直熊本」の『敦盛』には、「人間五十年ケテンノ内ヲ」と記されています。
p.467甘木市秋月郷土館黒田文庫蔵『舞の本』の『あつもり』の方は、「にんげん五十ねん。げてんのうちを」と記されています。

・『日本国語大辞典 第4巻:第2版』(小学館国語辞典編集部/編集 小学館 2001.4)
p.1402-1403「けてん(化天)」と「げてん(下天)」とそれぞれ項目がありましたが、「げてん(下天)」の項目に幸若・敦盛の引用が掲載されていました。引用文は「人間五十年けてむの内を」と記されています。

・『角川古語大辞典 第2巻』(中村幸彦/編 角川書店 1984.3)
p.353こちらも「けてん(化天)」と「げてん(下天)」とそれぞれ項目がありましたが、上記資料同様「げてん(下天)」の項目に幸若・敦盛の引用が掲載されていました。引用文は「人間五十年、けてむの内を」と記されています。

以上のように資料によってそれぞれ表記が異なっています。よって、どの表記が誤りとはいえないようです。

なお、この「下天」と「化天」に関して記述されている資料があります。それぞれ筆者の見解が記されていますので参考までに紹介します。
・『幸若舞1:百合若大臣他 』(荒木繁/編注 平凡社 1979.6)
p.335-337巻末の「解説・解題」に「戦国武将と幸若舞」という項があり、「『信長公記』には「下天」とあるが、正しくは化天の字を宛てるべきものと思われる」として編注者の解説が記されています。

・『現代日本文學大系16:正宗白鳥集』(筑摩書房 1969.7)
p.213「安土の春」という戯曲が収録されており、「敦盛」を舞う場面は「化転」と記述されています。
p.417-418巻末の「正宗白鳥の生涯」(後藤亮/著)に註として「本文の「化転」は、信長公記には「下天」、幸若舞の曲節集には「げてん」とあるが、それは「化天」であろう」と記されています。

・『日本のルネッサンス人』(花田清輝/著 朝日新聞社 1974.5)
p.185-196「舞の本」と題する一文が収録されており「敦盛」について述べられています。複数の資料から「敦盛」が引用されており、「下天」、「化天」いずれもが使用されている例を見ることができます。

・『姉川の四人』(鈴木輝一郎/著 毎日新聞社 2013.8)
p.103「信長は、「化天」を「下天」と読み替え、この一節だけを、しつこく繰り返し謡っていることだけは、家康も知っていた」という件があります。一小説家の解釈として、紹介します。

[事例作成日:2018年6月7日]
回答プロセス
(Answering process)
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
日本  (281 8版)
各種の演劇  (775 8版)
日本文学  (910 8版)
参考資料
(Reference materials)
改定史籍集覧 第19冊 近藤/瓶城∥編 臨川書店 1984.2 (31)
信長記 上 小瀬/甫庵∥撰 現代思潮社 1981.9 (335-337,266)
定本常山紀談 上 湯浅/常山∥著 新人物往来社 1979 (52)
寛永版舞の本 須田/悦生∥[ほか]編 三弥井書店 1990.5 (189)
幸若舞 3 荒木/繁∥編注 平凡社 1983.10 (90)
新日本古典文学大系 59 佐竹/昭広∥[ほか]編集委員 岩波書店 1994.7 (227)
幸若舞曲研究 第7巻 吾郷/寅之進∥編 三弥井書店 1992.1 (344,467)
日本国語大辞典 第4巻 第2版 小学館国語辞典編集部∥編集 小学館 2001.4 (1402-1403)
角川古語大辞典 第2巻 中村/幸彦∥編 角川書店 1984.3 (353)
幸若舞 1 荒木/繁∥編注 平凡社 1979.6 (335-337)
現代日本文學大系 16 筑摩書房 1969.7 (417-418)
日本のルネッサンス人 花田清輝著 朝日新聞社 1974 (185-196)
姉川の四人 鈴木/輝一郎∥著 毎日新聞社 2013.8 (103)
キーワード
(Keywords)
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
事実調査
内容種別
(Type of subject)
その他
質問者区分
(Category of questioner)
個人
登録番号
(Registration number)
1000239772解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!