このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] http://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000238706
提供館
(Library)
埼玉県立久喜図書館 (2110009)管理番号
(Control number)
埼久-2018-025
事例作成日
(Creation date)
2018年03月11日登録日時
(Registration date)
2018年07月19日 10時07分更新日時
(Last update)
2018年09月24日 15時58分
質問
(Question)
「パラリンピック」とは、何語でどういう意味か知りたい。
回答
(Answer)
下記の資料を紹介した。
『朝日キーワード 2018』(朝日新聞出版編 朝日新聞出版 2017)
 p265「パラリンピック 4年に一度、オリンピックと同じとしに同じ開催地で開かれる、「障害者のための五輪」。(中略)60年に第1回大会が開かれ、64年の東京大会以降、車いす以外の身障者も対象となった。知的障害者は、96年のアトランタ大会から。「paraplegia(下半身まひ)」と「olympic」の合成語(paralympic=パラリンピック)として使われ始め、88年のソウル大会からは「パラレル(もう一つの、同等の)」の「パラ」として正式に使われるようになった。」
『パラリンピック大百科』(コンデックス情報研究所編著 清水書院 2017)
 p8 パラリンピックの語源に関する記述あり。
『パラリンピックへの招待 挑戦するアスリートたち』(中村太郎著 岩波書店 2002)
 p15-19 パラリンピックの語源に関する記述あり。
『現代用語の基礎知識 2018』(自由国民社 2018)
 p1133「パラリンピック[Paralympic Games]」語源に関する記述あり。
『現代用語の基礎知識 必携!カタカナ語・略語版』(自由国民社カタカナ語・略語班編著 自由国民社 2013)
 p196「パラリンピック(Paralympic Games)」語源に関する記述あり。
回答プロセス
(Answering process)
1 パラリンピック関係資料を調べる。
 
2 参考図書を調べる
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
スポーツ.体育  (780 9版)
参考資料
(Reference materials)
『パラリンピック大百科』(陶山哲夫監修 コンデックス情報研究所編著 清水書院 2017), ISBN 978-4-389-50059-7
『パラリンピックへの招待 挑戦するアスリートたち』(中村太郎著 岩波書店 2002), ISBN 4-00-024408-6
『現代用語の基礎知識 2018』(自由国民社 2018), ISBN 978-4-426-10136-7
『現代用語の基礎知識 必携!カタカナ語・略語版』(自由国民社カタカナ語・略語班編著 自由国民社 2013), ISBN 978-4-426-11635-4
『朝日キーワード 2018』(朝日新聞出版編 朝日新聞出版 2017), ISBN 978-4-02-227642-1
キーワード
(Keywords)
パラリンピック
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
事実調査
内容種別
(Type of subject)
言葉
質問者区分
(Category of questioner)
個人
登録番号
(Registration number)
1000238706解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!