このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] http://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000237524
提供館
(Library)
京都市図書館 (2210023)管理番号
(Control number)
右中-郷土-115
事例作成日
(Creation date)
2018年05月21日登録日時
(Registration date)
2018年06月24日 00時30分更新日時
(Last update)
2018年06月29日 12時58分
質問
(Question)
橦木町廓之碑(しゅもくちょうくるわのひ)に大石内蔵助が遊興したとある。その事を伝える本が知りたい。
回答
(Answer)
“橦木町廓之碑”は京都市伏見区撞木町にある石碑で,ウェブサイト「京都のいしぶみデータベース」(京都市歴史資料館)にも「撞木町廓碑(しゅもくちょうくるわひ)」として,その碑文が石碑の画像等とともに紹介されています。【ウェブサイト1】

この地に遊郭が置かれたのは慶長元年(1596)です。撞木町遊郭が初めて書物に紹介されたのは延宝6年(1679)刊行の畠山箕山による『色道大鏡』です。【資料3】
『色道大鏡』巻十二の“山城国伏見 夷町”には,撞木町遊郭の成り立ちや「伏見鐘木町遊郭図」が収められています。【資料5】

大石内蔵助が京都の山科に住んでいた元禄14年(1701)からの約1年の期間に撞木町遊郭で遊興した様子は,橘春暉の『北窓瑣談(ほくそうさだん)』に見ることができます。【資料4】

『北窓瑣談』は主に寛政年間(1789~1801)に書かれた随筆で,大石内蔵助が遊興した撞木町の笹屋という揚屋の主人が,その母より伝え聞いた話として語った事を筆者がまとめたものです。【資料6,7】
回答プロセス
(Answering process)
●当館所蔵の伏見地域の地名や地誌に関する資料の内容を確認。・・・【資料1~4】
 
 【資料1】“大石良雄”の項 “伏見の撞木町,京の島原や祇園の廓にしばしば遊んだ。”
 【資料2】“撞木町遊郭(しゅもくまちゆうかく)”の項 “赤穂浪士を率いる大石良雄が,敵方の目をくらますため遊興し密計を練ったのも当遊郭といわれ”
 【資料3】p170 “伏見撞木町遊郭の開かれたは慶長元年で”
      p172 “橦木町及び柳町遊郭が初めて紹介されたのは,畠山箕山の「色道大鏡」である。”
 【資料4】p191 “大石と笹屋のことについては橘春暉の『北窓瑣譚』にくわしい。”

●【資料3,4】に参照されていた資料を確認。・・・【資料5,6】
 
 【資料5】p357~358 “林又一郎といふ者出て,豊臣太閤に遊郭を申請け,伏見縣の西にあたり,田町といふ所を賜ひて,慶長元年丙申に傾城町をとりたつ。”
      p359 “伏見鐘木町遊郭図”
 【資料6】『北窓瑣談』の“伏見鐘木町の”で始まる部分のみを所収。
      p28 “伏見鐘木町の青楼は,大石内蔵助山科に在りし頃,行通ひし所なり。(中略)亭主の清右衛門も七十余の老人なりしが,(中略)母の物語なりとて,清右衛門,余に毎度いろいろの珍敷事共物語せり。”

●国立国会図書館デジタルコレクションを確認。・・・【資料7】
 インターネット公開で『北窓瑣談』翻刻版を所収。“北窓瑣談 巻之一”に【資料6】と同内容あり。

●ウェブサイト「京都のいしぶみデータベース」(京都市歴史資料館)“撞木町廓碑(しゅもくちょうくるわひ)”で石碑の情報を確認。・・・【ウェブサイト1】
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
近畿地方  (216 9版)
日本  (291 9版)
社会.家庭生活の習俗  (384 9版)
参考資料
(Reference materials)
【資料1】『京都大事典』(佐和 隆研/[ほか]編集 淡交社 1984)p117上段“大石良雄”, ISBN 4473008851
【資料2】『日本歴史地名大系 27 京都市の地名』(平凡社 1979)p381下段“撞木町遊郭(しゅもくまちゆうかく)”, ISBN 4582490271
【資料3】『論攻山城志』(宗形 金風/著 郊外社,大学堂書店(発売) 1936)p168~181“撞木町”
【資料4】『路奈良街道』(明永 恭典/編 星光社 1974)p191~192“橦木町廓跡(大石良雄の遊興)”
【資料5】『完本色道大鏡』(畠山 箕山/[撰],野間 光辰/編著 友山文庫 1961)p357~362“第二 山城国伏見 夷町”
【資料6】『史料京都見聞記 第5巻 見聞雑記』(駒 敏郎/[ほか]編集 法蔵館 1992)p28~31“北窓瑣談”, ISBN 4831837156
【資料7】国立国会デジタルコレクション『東西遊記・北窓瑣談』(橘南谿子/著 有朋堂書店 1922)p18~19(コマ番号225)“北窓瑣談 巻之一”
http://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/971908/225 (平成30年6月22日確認)
【ウェブサイト1】「京都のいしぶみデータベース」(京都市歴史資料館)“撞木町廓碑(しゅもくちょうくるわひ)”
https://www2.city.kyoto.lg.jp/somu/rekishi/fm/ishibumi/html/hu051.html (平成30年6月22日確認)
キーワード
(Keywords)
橦木町
撞木町
遊郭
大石内蔵助
大石良雄
遊興
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
文献紹介
内容種別
(Type of subject)
郷土
質問者区分
(Category of questioner)
社会人
登録番号
(Registration number)
1000237524解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!