このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] http://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000236925
提供館
(Library)
山口県立山口図書館 (2110020)管理番号
(Control number)
00001107024
事例作成日
(Creation date)
2018年02月24日登録日時
(Registration date)
2018年06月04日 15時08分更新日時
(Last update)
2018年06月08日 11時36分
質問
(Question)
松平春嶽著「虎豹変革備考」は『大英国志』を参考にしたとされている。また、「虎豹変革備考」では英国の議会政治の「二院政を提唱」している。山口県立山口図書館所蔵の『英国志』と『大英国志』の関係、また『英国志』『大英国志』で英国議会の二院制について書かれている部分が知りたい。
回答
(Answer)
当館所蔵の『英国志』と『大英国志』の関係について、下記資料1及び2では、イギリス宣教師ミュアーヘッドが漢訳し中国で発行された『大英国志』を、長州藩で翻刻したものが『英国志』としている。

両書の差異について、資料2p51によると、「日本版『英国志』」は、「中国版『大英国志』」と比べ、序文等に若干の改変があるが、『聯邦志略』等の他の宣教師の著書の日本版に比べると削除・改変は緩やか、としている。また、資料3によると、「日本版は大体原本そのままの忠実な翻刻」で、一部の図や「大英国志続刻」の部分が削除されているとある。両書はまったく同一ではないが、かなり近似しているものと思われる。

『英国志』において、英国議会の二院制について書かれた箇所については、国立国会図書館デジタルコレクションに収録されている『明治立憲思想史に於ける英国議会制度の影響』(p106,68コマ目)によると、「本書には其性質上英国議会に関する記述が各所に散在して居るが、其最もまとまったものは、第八巻中に「職政志略」と題してある部分」とし、「職政志略」の大部分を引用してその内容を解説している。なお『明治立憲思想史に於ける英国議会制度の影響』はインターネット公開されている。

国立国会図書館デジタルコレクション:『明治立憲思想史に於ける英国議会制度の影響』(2018年6月3日最終確認、以下同)
http://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/1444655/68

また、資料4にも「英国志」の翻刻(抄録)があり、「職政志略」の書き下しと頭注が収録されている。『英国志』「職政志略」の原文については、当館のWEB版明治維新資料室で利用できる。

WEB版明治維新資料室:『英国志』8
https://trc-adeac.trc.co.jp/Html/ImageView/3500115100/3500115100200010/9610060981/

なお、松平春嶽著「虎豹変革備考」は資料5に収録されているが、「巴力門」「高門士」(p99)など、『英国志』の「職政志略」と共通の語が用いられていることは確認できる。
回答プロセス
(Answering process)
1.当館所蔵『英国志』について確認
当館所蔵『英国志』はWEB版明治維新資料室で公開している。メタデータの解説によると参考文献として『洋学史事典』『十九世紀中国・日本における海外事情摂取の諸資料』が挙げられている。

『洋学史事典』p85「英国志」の項
『英国志』は、イギリス宣教師ミュアヘッドの『大英国志』を長州藩で翻刻したもので、8巻本と5巻本があるとしている。

『十九世紀中国・日本における海外事情摂取の諸資料』p35も同様で、『英国志」8巻本と5巻本は、内容的にほぼ同様としている。なお、p50に、「中国語版『大英国志』」と「日本版『英国志』を一部比較した記述がある。それによると、「日本版『英国志』」は、「中国版『大英国志』」序文等に若干の改変があるが、『聯邦志略』等の他の宣教師の著の日本版に比べると削除・改変は緩やか、としている。

また、『十九世紀中国~』に引用のあった『鎖国時代日本人の海外知識』p404-405によると、「日本版は大体原本そのままの忠実な翻刻であるが、原本には最後にイギリスの略図三枚(英倫図・蘇格蘭図・阿爾蘭図)が附され、また「大英国志続刻」と題する追加がある」が、日本版にはないとのこと。

『英国志』『大英国志』は、ほぼ同様と思われた。

2.『英国志』における英国議会の二院制に関する記述について
『十九世紀中国~』によると、『大英国志』は7巻までが歴史、8巻は「志略」として、「職政志略」「行法志略」など、国家的社会的な重要事項をまとめたものとなっており、うち、「職政志略」がイギリスの政治制度の機構をまとめたもの、とある。

『英国志』8巻本の第8巻に「職政志略」あり。ただし、白文。

3.「英国志」の翻字されたものを探す。
NDLサーチにて「英国志」で検索、『明治立憲思想史に於ける英国議会制度の影響』がヒット。68~69コマ目に「職政志略」本文を引用し、その解説がある。

Google書籍検索にて「"英国志"」で検索、『日本近代思想大系』第24巻がヒット。現物を確認し、著者別史料索引からミュアヘッドの(ミューアヘッド)の項を探す。13巻にあり。
13巻に「英国志」の翻刻(抄録)あり。「職政志略」の書き下しが含まれており、頭注がある。

4.松平春嶽の著作を探す。
当館蔵書検索で「松平春嶽」で検索。全集あり。内容を確認。

なお、松平春嶽著「虎豹変革備考」が『大英国志』を参考にしたことについては、『幕末維新と松平春嶽』(三上一夫 著,吉川弘文館,2004)p186-189等に記述がある。
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
日本史  (210 9版)
図書.書誌学  (020 9版)
参考資料
(Reference materials)
1.日蘭学会 編 , 日蘭学会. 洋学史事典. 雄松堂出版, 1984. (日蘭学会学術叢書 ; 第6)
http://iss.ndl.go.jp/books/R100000002-I000001702688-00 , ISBN 4841900020 (p85)
2.吉田寅 編 , 吉田, 寅, 1926-. 十九世紀中国・日本における海外事情摂取の諸資料 : 『聯邦志略』『地理全志』『大英国志』の資料的考察. 立正大学東洋史研究室, 1995. (立正大学東洋史研究資料 ; 6)
http://iss.ndl.go.jp/books/R100000002-I000002494635-00  (p24-29,35,50-51)
3.開国百年記念文化事業会 編 , 開国百年記念文化事業会. 鎖国時代日本人の海外知識 : 世界地理・西洋史に関する文献解題. 原書房, 1978.
http://iss.ndl.go.jp/books/R100000002-I000001368289-00  (p405)
4.加藤周一 [ほか]編 , 田中, 彰, 1928-2011 , 宮地, 正人, 1944-. 日本近代思想大系 13. 岩波書店, 1991.
http://iss.ndl.go.jp/books/R100000002-I000002110125-00 , ISBN 4002300137 (p38-41)
5.松平春岳全集編纂委員会 編 , 松平, 慶永, 1828-1890. 松平春岳全集 第2巻. 原書房, 1973. (明治百年史叢書)
http://iss.ndl.go.jp/books/R100000002-I000001228534-00  (p93-100)
キーワード
(Keywords)
松平, 慶永, 1828-1890
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
文献紹介
内容種別
(Type of subject)
郷土
質問者区分
(Category of questioner)
社会人
登録番号
(Registration number)
1000236925解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!