このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] http://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000236520
提供館
(Library)
秋田県立図書館 (2110003)管理番号
(Control number)
秋田-2086
事例作成日
(Creation date)
2018年05月28日登録日時
(Registration date)
2018年05月28日 16時00分更新日時
(Last update)
2018年06月13日 09時33分
質問
(Question)
仏教の言葉「衆縁和合(しゅえんわごう)」について記載のある資料はあるか。
回答
(Answer)
下記の資料を案内。

①『迷いから悟りへの十二章』(田上 太秀/箸、日本放送出版協会、1999.12、180/タマ/)資料番号:121506307

データーベース「ジャパンナレッジLib」を案内。
回答プロセス
(Answering process)
・180仏教関係の辞典、棚をブラウジング
①『迷いから悟りへの十二章』(田上 太秀/箸、日本放送出版協会、1999.12、180/タマ/)資料番号:121506307
⇒p.43-p.46衆縁和合のゆえに苦である。
「釈尊はこれをものはみな縁起していると説きました」と記載あり。

②『例文仏教語大辞典』(石田 瑞麿/著、小学館、1997.3、R180.3/イレ/)資料番号:121187686
⇒p.519しゅえん[衆縁]「しゅうえん」とも
「1さまざまな因縁。事物の存在を可能にした直接・間接の条件」と記載あり。

p.1139わごう[和合]
「1異なったものが結合し、融け合って一つになること。
 2心を一つにして行動を共にすること」と記載あり

③『広説仏教語大辞典 中巻 し~つ』(中村 元/著、東京書籍、2001.6、R180.3/ナコ/)資料番号:124273236
⇒p.785「衆縁 しゅえん 諸の縁の意。多くの縁」と記載あり。


・データーベース「ジャパンナレッジLib」にて「衆縁和合」キーワード検索
見出し検索→ヒットなし 全文検索→1件ヒット

しゅーえん【衆縁】 解説・用例[名]
仏語。さまざまな因縁。直接・間接の種々の条件。
*愚迷発心集[1213頃]「此世豈固ならんや・衆縁を以暫く成す也」
*十善法語[1775]―「ただ衆縁和合のみにて、みづから自由の分なし」
*滝口入道[1894]〈高山樗牛〉二一「武士を去り、弓矢を捨て、君に離れ、親を辞そ。一切衆縁(シュエン)を挙げ尽して」記載あり。
事前調査事項
(Preliminary research)
利用者より当館の仏教関係の本は閲覧済。
NDC
仏教  (180 8版)
参考資料
(Reference materials)
キーワード
(Keywords)
衆縁和合
仏教
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
質問方法:口頭、4/2
調査種別
(Type of search)
文献紹介
内容種別
(Type of subject)
一般
質問者区分
(Category of questioner)
社会人
登録番号
(Registration number)
1000236520解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!