このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] http://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000236510
提供館
(Library)
秋田県立図書館 (2110003)管理番号
(Control number)
秋田-2085
事例作成日
(Creation date)
2018年05月28日登録日時
(Registration date)
2018年05月28日 10時59分更新日時
(Last update)
2018年06月13日 09時33分
質問
(Question)
昭和9年10月7日、津軽海峡沖で起きた遭難事故についての資料はあるか。
回答
(Answer)
該当資料なし。
回答プロセス
(Answering process)
・「遭難事故」「遭難者」「津軽海峡」で、各キーワード検索、インターネット検索、デジタルアーカイブにて検索を行ったが該当資料なし。
・書架もブラウジングしたが該当資料なし。

以下の資料を確認したが該当なし。
☓『秋田県災害年表』(秋田県生活環境部消防防災課/編、1990、369/アア/郷)資料番号:129645982
☓『八竜町史』(八竜町史編纂委員会/編、1968、21-オバタ/693)資料番号:128152642 
⇒鵜川村と浜口村についての記載あり。八竜町で起きた災害についての記載あり。
☓『秋田県災害誌、1953年』(秋田県/編、1953、A369/22)資料番号:111492864
⇒713年~1952年までの〝秋田県災害年表〟の掲載あり。
☓『郷土調査、3-46』(秋田県教育委員会/編、A361/3-46)資料番号:11239066
⇒鵜川村についての調査報告書。鵜川村で起きた災害の記載あり。
☓『郷土調査、3-45』(秋田県教育委員会/編、A361/3-45)資料番号:112390653
⇒浜口村についての調査報告書。浜口村で起きた災害の記載あり。
☓『山本郡郷土史』(山本郡教育会研究部/編、1932、A214.3/2)資料番号:110762051
☓『山本町史(続編)』(三種町教育委員会/編、2007、214.3/ヤヤ/2郷)資料番号:129145082
☓『山本郡郷土史』(北条要/編著、1987、214.3/ホヤ/郷)資料番号:111326435
☓『秋田県近代総合年表』(無明者出版/編、1988、210/ダス/郷)資料番号:112406160
☓『海洋・海事史事典、トピックス古代―2014』(日外アソシエーツ編集部/編、2015、R550.3/ニカ)資料番号:12450244
☓『北海道沿岸水路誌、北海道沿岸・北海道東方・津軽海峡・宗谷岬』(会場保安庁水路部/編集、1988、577.7/カホ)資料番号:128134640
☓『昭和災害史事典①昭和2~昭和20年』(日外アソシエーツ編集部/1995、210.7/ニシ/1)資料番号:121049787
☓『日本統計年鑑、第1回(1949)』(総理府統計局/編、1949、351/1/1949)資料番号:111859336
⇒海難船舶数と海難船舶原因別(昭和4年~昭和22年)の統計表の掲載あり。
☓『近代日本海事年表』(海事産業研究所『近代日本海事年表』編集委員会/編、1991、R550.3/カキ)資料番号:120077128
☓『秋田県史』『青森県史』『新青森市史』も調査したが該当なし。
☓秋田魁新聞(マイクロフィルム)昭和9年10月4日~10月14日
☓東京日日新聞(マイクロフィルム)昭和9年10月7日~10月9日
☓読売新聞(マイクロフィルム)昭和9年10月7日~10月9日
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
社会福祉  (369 8版)
海洋工学.船舶工学  (550 8版)
日本史  (210 8版)
参考資料
(Reference materials)
キーワード
(Keywords)
海難事故
遭難者
津軽海峡
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
受付方法:FAX、4/3
調査種別
(Type of search)
事実調査
内容種別
(Type of subject)
郷土
質問者区分
(Category of questioner)
一般
登録番号
(Registration number)
1000236510解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!