このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] http://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000235771
提供館
(Library)
京都市図書館 (2210023)管理番号
(Control number)
右中ー郷土ー112
事例作成日
(Creation date)
2018/5/21登録日時
(Registration date)
2018年05月20日 15時15分更新日時
(Last update)
2018年06月29日 12時58分
質問
(Question)
太平洋戦争における戦争孤児の,京都での保護施設や当時の様子について知りたい。
回答
(Answer)
大都市の中で比較的戦災の少なかった京都には,戦争によって家や親を失った孤児たちが,全国からたくさん集まってきました。昭和23年(1948)実施の「全国孤児一斉調査」(厚生省調べ)によると,全国の孤児数は12万3500人,京都は全国で4番目に多い約5000人とされていますが,実際にはその数倍の孤児たちがいたともいわれています。【資料2~4】

当時は京都駅で夜露をしのいでいた子どもを「駅の子」と呼んでいました。子どもたちはくつ磨きをしたり,拾ったたばこの吸い殻を売ったりして,なんとか飢えをしのいでいました。生活の苦しさから犯罪に手を染めてしまう子どもや,栄養失調などで亡くなる子どももたくさんいました。【資料1~4】

そんな子どもたちの保護施設として,昭和20年(1945)に「積慶園(せっけいえん)」が,翌年以降に「若宮寮」「北山寮」「指月寮」「平安徳義会」「洛北寮」「八瀬山寮」等が設立されました。戦後の混乱期,施設においても乏しい食糧事情であり,また厳しく規律正しい生活を求められ,保護された子どもが逃げ出してしまうことも多かったようです。【資料1~5】
回答プロセス
(Answering process)
●“戦災孤児”“戦争孤児”“駅の子”“浮浪児”等で当館所蔵資料を検索。・・・【資料1~3】

●“京都 福祉”で当館所蔵資料を検索。対象資料を“図書”で絞り込む。・・・【資料4】

●京都の歴史資料の内容を確認。件名“京都市―歴史”“京都府―歴史”などから市町村史を検索。・・・【資料5・6】昭和20年9月23日~昭和23年頃の年表等で,キーワード“浮浪児”に該当する箇所を確認。
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
日本史  (210 9版)
近畿地方  (216 9版)
社会福祉  (369 9版)
参考資料
(Reference materials)
【資料1】『シリーズ戦争孤児 1 戦災孤児』(汐文社 2014)
【資料2】『戦争孤児を知っていますか? あの日、“駅の子”の戦いがはじまった』(本庄 豊/著 日本機関紙出版センター 2015)
【資料3】『戦争孤児「駅の子」たちの思い』(本庄 豊/著 新日本出版社 2016)
【資料4】『京都市児童福祉百年史』(京都市児童福祉史研究会/編 京都市児童福祉センター 1990)p21~24「敗戦後の児童と社会福祉の成立」,p48~59「敗戦と浮浪児対策」,p228~231「戦後期の児童院」,p442~456「京都市児童福祉百年史年表」
【資料5】『京都府百年の年表 4 社会編』(京都府立総合資料館/編 京都府 1971)p252~267
【資料6】『京都府百年の資料 4 社会編』(京都府立総合資料館/編 京都府 1972)p868「孤児を収容」
キーワード
(Keywords)
戦災孤児
戦争孤児
駅の子
浮浪児
児童養護施設
児童福祉施設
戦争犠牲者
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
文献紹介
内容種別
(Type of subject)
郷土
質問者区分
(Category of questioner)
社会人
登録番号
(Registration number)
1000235771解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!