このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] http://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000235674
提供館
(Library)
安城市図書情報館 (2310061)管理番号
(Control number)
1440
事例作成日
(Creation date)
2018年05月07日登録日時
(Registration date)
2018年05月16日 10時54分更新日時
(Last update)
2018年06月13日 13時15分
質問
(Question)
『安城の石造物』のP74に載っている道標の「右 さくみち」の「さくみち」はどこのことか?
回答
(Answer)
以下の資料を提供した。
『野寺道と道標2』久野金逸(AA234.5/クノ)
19頁に記載あり。
回答プロセス
(Answering process)
①『安城市公共施設ガイドマップ 2017』より資料(安城の石造物)に書いてある「堀内町山畑堀内駅西信号の西」の
道標のある場所を探し、安城市の『住宅地図(5万分の1)』より方角を確認すると桜井方面、もしくは岡崎市にも「サク」という
地名があるらしいということが分かった。
②桜井方面で調べてみることにし『安城の地名』と『角川日本地名辞典23』で「サク」を確認。
「桜井」は桜井郷(平安期、戦国期)⇒桜井村(江戸期~S31年)⇒桜井町(S31年~現在)となっていた。
また岡崎市も調べたが額田の方面にあることがわかったが道標については分からず。
③棚をブラウジングし、『桜井村史』『野寺道と道標』を確認したところ「サク道」の表記あり。
以下サク道について抜粋
19頁2行目
【左「ネサキニシバタタカハマ」右「サク」道とあり、旧道がサク道となっています(新道は大正12年櫻井高浜線として改良されました)】
とあり。
さく道はその後、桜井高浜線と名前が変わり、道路の名前と分かる。
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC 
参考資料
(Reference materials)
野寺道と道標2. 久野金逸. 1983. (AA234.5/クノ)
キーワード
(Keywords)
一般書
郷土
サク道
桜井
道標
地名
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
事実調査
内容種別
(Type of subject)
郷土
質問者区分
(Category of questioner)
社会人
登録番号
(Registration number)
1000235674解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!