このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] http://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000235629
提供館
(Library)
埼玉県立久喜図書館 (2110009)管理番号
(Control number)
埼熊-2018-001
事例作成日
(Creation date)
2018年4月15日登録日時
(Registration date)
2018年05月15日 09時21分更新日時
(Last update)
2018年11月11日 10時22分
質問
(Question)
梵網経がどんな経典か知りたい。
回答
(Answer)
下記の資料を紹介した。
『一切経解題辞典』(鎌田茂雄総監修 大東出版社 2002)
 p223ぼんもうきょう【梵網経】に「『梵網経盧舎那仏説菩薩心地経(ボンモウキョウルシャナブツセツボサツシンジキョウ)』。『梵網菩薩戒経(ボンモウボサツカイキョウ)』、『菩薩戒本 (ボサツカイホン)』とも言う。内容・形式ともに『華厳経』の影響下にある。在家(僧侶以外の仏教信者)・出家の区別なく受け入れられる大乗戒、すなわち十重戒(10の重い罪を犯さないこと)、四十八軽戒(48の軽い罪を犯さないこと)を説く。小乗仏教の戒律から離れ、大乗仏教独自の戒律を説くものとして、中国・日本で重要視された。後秦・弘始4-14(402-412)鳩摩羅什訳と伝えられていたが、中国撰述説が有力。なお、チベット訳は中国語からのものである。」とあり。

『大乗仏典入門』(勝又俊教[ほか]編 大蔵出版 1999)
 p183-211「梵網経 心の真珠」平川彰著
 梵網経について解説あり。
『仏典講座 14 梵網経』(石田瑞麿編著 大蔵出版 1979)
 梵網経の概略及び十重四十八軽戒を中心とした詳しい説明あり。
『涅槃経・遺教経・梵網経講義 大蔵経講座 5』(大野法道編 名著出版 1976)
 p357-484「梵網経講義」
梵網経原文を引用して、梵網経の解説をする構成。原文と日本語読みに書き下したものあり。
回答プロセス
(Answering process)
1 自館目録を〈梵網経〉で検索する。
『大乗仏典入門』(回答資料)
『仏典講座 14』(回答資料)
『涅槃経・遺教経・梵網経講義 大蔵経講座 5』(回答資料)

2 参考図書を確認する。
『一切経解題辞典』(回答資料)
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
経典  (183 9版)
参考資料
(Reference materials)
『大乗仏典入門』(勝又俊教[ほか]編 大蔵出版 1999), ISBN 4-8043-3049-6
『仏典講座 14』(石田瑞麿編著 大蔵出版 1979)
『涅槃経・遺教経・梵網経講義 大蔵経講座 5』(大野法道編 名著出版 1976)
『一切経解題辞典』(鎌田茂雄総監修 浅井円道[ほか]監修 大東出版社 2002), ISBN 4-500-00671-0
キーワード
(Keywords)
梵網経
経典
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
文献紹介
内容種別
(Type of subject)
言葉
質問者区分
(Category of questioner)
個人
登録番号
(Registration number)
1000235629解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!