このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] http://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000235563
提供館
(Library)
蒲郡市立図書館 (2310237)管理番号
(Control number)
蒲郡-2018-05121-般
事例作成日
(Creation date)
2018年05月12日登録日時
(Registration date)
2018年05月12日 15時34分更新日時
(Last update)
2018年05月30日 16時57分
質問
(Question)
江戸時代に朱肉はあったのか。宝暦3年の往来手形に印がある。
回答
(Answer)
朱肉は江戸時代に使われていた。朱肉は古代より使われていたよう。
回答プロセス
(Answering process)
1)資料をお持ちになり、その中に掲載されている人物が手形を持っているので、この時代に朱肉があったかどうかを知りたいとのこと。
→『蒲郡市史』本文編2 近世編 P.245の往来手形。

2)宝暦3年の時代を念のため確認。
和暦西暦の一覧サイトで確認。→西暦だと1753年。江戸時代。

3)レファレンス協同データベースに同様の事例がないか確認。
キーワード:「往来手形」、「江戸時代、印(または、はんこ)」
→朱肉についてはないよう。

4)辞書棚で「印」、「往来手形」、「手形」について見る。
→朱肉について見つけられず。

5)「印」、「往来手形」をキーワードに自館OPACより検索。
→『花押・印章図典』、『印判の歴史』を見る。

『花押・印章図典』基本用語集(P.3)より
→古代より朱印が、中世より黒印があった。
なお、内容は『国史大辞典』1巻「印章」(P.884)と同じ。

『印判の歴史』(P.17)平安時代には朱肉が使われていた。
(P.147)朱印は庶民には許されなかった。
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
法制史  (322)
日本史  (210)
参考資料
(Reference materials)
石井良助 著 , 石井, 良助, 1907-1993. 印判の歴史. 明石書店, 1991.
http://iss.ndl.go.jp/books/R100000002-I000002115858-00
瀬野精一郎 監修 , 吉川弘文館編集部 編 , 瀬野, 精一郎, 1931- , 吉川弘文館. 花押・印章図典. 吉川弘文館, 2018.
http://iss.ndl.go.jp/books/R100000002-I028706840-00 , ISBN 978-4-642-08327-0
国史大辞典編集委員会 編. 国史大辞典 第1巻 (あーい). 吉川弘文館, 1979.
http://iss.ndl.go.jp/books/R100000002-I000001403293-00
蒲郡市史編さん事業実行委員会 編 , 蒲郡市. 蒲郡市史 本文編 2(近世編). 蒲郡市, 2006.
http://iss.ndl.go.jp/books/R100000002-I000008182181-00
キーワード
(Keywords)
印章
朱肉
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
事実調査
内容種別
(Type of subject)
民俗
質問者区分
(Category of questioner)
社会人
登録番号
(Registration number)
1000235563解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!