このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] http://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000235298
提供館
(Library)
国立国会図書館(National Diet Library) (1110001)管理番号
(Control number)
902335
事例作成日
(Creation date)
2018/04/17登録日時
(Registration date)
2018年05月02日 00時30分更新日時
(Last update)
2018年05月16日 15時31分
質問
(Question)
世界はいま : 諸外国の差別撤廃法と日本
請求記号: A225-E24
国立国会図書館書誌ID:000002048528
部落解放研究所 編
部落解放研究所, 1985.12
冊子体 ; 353p ; 21cm

この資料の中に「イギリス人種関係法の制定」という記事や章がありますでしょうか?
回答
(Answer)
ご照会の論文の書誌事項は以下のとおりです。
ご参考までに、当該論文の構成をお知らせします。

論文名  イギリス・人種関係法の制定-差別撤廃への挑戦-
著者名  石田玲子

はじめに  pp.85-91
1.1965年人種関係法  pp.91-93
2.1968年人種関係法と立法過程  pp.93-106
 (1)内相ロイ・ジェンキンズのリーダーシップ  pp.93-96
 (2)PEP報告の衝撃  pp.96-98
 (3)ストリート報告の新法の枠組  pp.98-99
 (4)1968年人種関係法  pp.99-101
 (5)1968年人種関係法の問題点  pp.101-106
3.1976年人種関係法  pp.106-133
 (1)差別の定義-間接的差別の導入  pp.107-110
 (2)差別理由への国籍の追加  p.110
 (3)雇用の分野  pp.110-113
 (4)住宅の分野  pp.113-115
 (5)人種的増悪の煽動  pp.115-121
 (6)法の執行機構  pp.121-133
  ①法的手続きを行う個人の権利  pp.121-125
  ②人種平等委員会の権限と機能  pp.125-133
4.1976年法実施における問題  pp.133-147
 (1)発動された公式調査権  pp.134-140
 (2)最高裁判決と公式調査権  pp.140-147
おわりに  pp.147-148


当館請求記号 A225-E24
タイトル 世界はいま : 諸外国の差別撤廃法と日本
責任表示 部落解放研究所 編
出版事項 大阪 : 部落解放研究所, 1985.12
ページ pp.84-148
回答プロセス
(Answering process)
事前調査事項
(Preliminary research)
発行期間のWEBや他図書館の所蔵を確認しましたが、見当たらず。
NDLONLINEにて貴館の所蔵を確認しました。
NDC 
参考資料
(Reference materials)
キーワード
(Keywords)
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
NDL_サービス企画課(レファレンス承認者)
調査種別
(Type of search)
内容種別
(Type of subject)
質問者区分
(Category of questioner)
登録番号
(Registration number)
1000235298解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!