このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] http://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000235046
提供館
(Library)
京都府立京都学・歴彩館 (2110022)管理番号
(Control number)
京歴-387
事例作成日
(Creation date)
2018年02月15日登録日時
(Registration date)
2018年04月27日 13時22分更新日時
(Last update)
2018年04月27日 16時38分
質問
(Question)
清洲会議に出席した豊臣秀吉の帰り道のルートを知りたい。
回答
(Answer)
 ルートは清洲から、「津嶋(愛知県津島市)、石たて(同県愛西市立石町)、早尾(同県愛西市早尾町)を通り長浜に帰城」であると考えられる。
回答プロセス
(Answering process)
 ①で清洲会議(天正10年6月27日)以後の豊臣秀吉の居所を調べた。p.53に「27日清須在(清洲会議)。28日津嶋、石たて、早尾を通り長浜に帰城(28日付高木貞利宛秀吉書状「爰元隙明候条、今日津嶋をとをり晩ニハ石たてはや尾ニ令着陣、それより長浜帰城候」「高木文書」)」とあり。p.38によると、この時の秀吉の居城は長浜である。
 「津嶋」は愛知県津島市、「はや尾」も同じく愛知県の愛西市にある早尾町であると思われるが、ルート上、「津嶋」と「はや尾」の間にあるはずの「石たて」という地名が特定できなかった。
 豊臣秀吉の文書を収録する②で同じ書状を確認するとp.141に掲載があり、「石たて」を「尾張国立石カ」と推定している。
 愛西市ホームページ(③)から、立石町が愛知県愛西市にあることがわかった。
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
日本史  (210)
参考資料
(Reference materials)
① 藤井讓治 編 , 藤井, 譲治, 1947-. 織豊期主要人物居所集成 第2版. 思文閣出版, 2016.
http://iss.ndl.go.jp/books/R100000002-I027139211-00 , ISBN 9784784218332 (当館請求記号:||210.48||F57||)
② 豊臣秀吉 [著] , 名古屋市博物館 編 , 豊臣, 秀吉, 1536-1598 , 名古屋市博物館. 豊臣秀吉文書集 1 (永禄八年~天正十一年). 吉川弘文館, 2015.
http://iss.ndl.go.jp/books/R100000002-I026040076-00 , ISBN 9784642014212 (当館請求記号:||210.48||To93||1)
③ 愛西市ホームページ 愛西市町名一覧
URL:  http://www.city.aisai.lg.jp/contents_detail.php?frmId=5808  (最終確認日:2018-04-16.)
キーワード
(Keywords)
清洲会議
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
事実調査
内容種別
(Type of subject)
郷土
質問者区分
(Category of questioner)
社会人
登録番号
(Registration number)
1000235046解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!