このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] http://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000235029
提供館
(Library)
名古屋市鶴舞中央図書館 (2210001)管理番号
(Control number)
名古屋市瑞-2018-001
事例作成日
(Creation date)
2018年01月17日登録日時
(Registration date)
2018年04月26日 18時04分更新日時
(Last update)
2018年06月16日 14時28分
質問
(Question)
大正時代に活躍した古本屋または出版業者の豊田棄三郎について知りたい。
回答
(Answer)
1936年(昭和11年)発行『名古屋書籍商史』p.55に、「豊田書店 豊田棄三郎」として、所在地・電話・略歴が顔写真付で紹介されています。名古屋古書籍組合顧問で、書店は昭和3年度に道路改修により東区高岳町に移転していることなどが記載されています。豊田棄三郎が関わった古書取引のひとつ、名古屋の平出文庫売立会について『蒐書家業界業界人』p.149-152で紹介されています。
回答プロセス
(Answering process)
名古屋市図書館、国立国会図書館サーチ等の資料検索により、豊田棄三郎は『西行堂集』、『日本金石年表』などの出版者であることを確認しました。『日本金石年表』は、国立国会図書館デジタルコレクションでインターネット公開されています。『名古屋書籍商史』、『蒐書家業界業界人』を調べると、関係する記述が見つかりました。1909年(明治42年)発行『名古屋商工人名録』p.166を確認したところ、書籍の業種に西区玉屋町の所在で豊田棄三郎の名前がありました。当時の職業別電話帳で確認すると、昭和12年までは記載があり、『名古屋職業別電話帳 昭和12年7月1日現在』p.79には「書籍商 豊田棄三郎」として東区高岳の所在で記載されています。しかしながら、『名古屋職業別電話帳 昭和13年9月1日現在』以降は記載が見つかりませんでした。
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
出版  (023 9版)
個人伝記  (289 9版)
参考資料
(Reference materials)
西行堂集. 豊田棄三郎, 1903.
http://iss.ndl.go.jp/books/R100000001-I010512238-00
奥田抱生 著 , 奥田, 抱生. 日本金石年表 増訂再版. 豊田棄三郎, 1921.
http://iss.ndl.go.jp/books/R100000002-I000000591627-00
名古屋商工会議所/編 , 名古屋商工会議所. 名古屋商工人名録. 名古屋商工会議所, 1909.
http://iss.ndl.go.jp/books/R100000001-I026100769-00
梶田保 編 , 梶田, 保. 名古屋書籍商史. 名古屋書籍商史刊行会, 1936.
http://iss.ndl.go.jp/books/R100000002-I000000727608-00
逓友協会/編 , 逓友協会. 名古屋職業別電話帳 昭和12年7月1日現在. 逓友協会, 1937.
http://iss.ndl.go.jp/books/R100000001-I026101472-00
逓友協会/編 , 逓友協会. 名古屋職業別電話帳 昭和13年9月1日現在. 逓友協会, 1939.
http://iss.ndl.go.jp/books/R100000001-I026101473-00
反町茂雄 著 , 反町, 茂雄, 1901-1991. 蒐書家・業界・業界人. 八木書店, 1984.
http://iss.ndl.go.jp/books/R100000002-I000001690565-00
キーワード
(Keywords)
豊田棄三郎
豊田書店
平出文庫売立会
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
文献紹介
内容種別
(Type of subject)
郷土
質問者区分
(Category of questioner)
社会人
登録番号
(Registration number)
1000235029解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!