このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] http://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000235012
提供館
(Library)
いわき市立いわき総合図書館 (2310140)管理番号
(Control number)
いわき総合-地域554
事例作成日
(Creation date)
2018年04月26日登録日時
(Registration date)
2018年04月26日 13時39分更新日時
(Last update)
2018年05月17日 08時40分
質問
(Question)
鹿島公民館敷地内に「史跡七本松」があるが、かつては、現在の鹿島公民館向かいファミリーマート駐車場にあったといわれている。
鹿島公民館敷地内に移された経緯や所有者・管理者はだれか等について知りたい。
回答
(Answer)
「いわき民報」昭和50年6月25日(水)第6面に掲載された記事「七本松の碑を移転 県道新設で坂上田村麻呂の史跡」の中で、「…常磐~江名港線の改良工事で、七本松と碑が予定路線内に入ってしまったため、止む無く碑は移転し松は切り倒さなければならなくなった。そこで、地元民は、昔の面影を何とか残しておきたいとして、近くの山を切り開いたところに当時の碑と木村知事直筆の新しい『移転の碑』を建立、近くには新たに高さ5メートルの七本の松を植えた。」とある。
 記事は、いわき市立図書館のホームページ➡郷土資料のページ➡新聞➡いわき民報➡昭和50年とクリックするとデジタル版を閲覧できる。
『写真で綴るいわきの伝説』p176「七本松と田村麻呂」(鹿島町走熊)の記述によると、「昭和10年ころまでに5本が風倒し、昭和11年さらに1本が倒れ、昭和12年には最後の1本も倒れてしまった。時の村長、志賀直哉は「一圓融合」の村是をもって村政に当たった大人物であっただけに『史蹟七本の松』の名を後世にとどめたいと、村民に呼びかけ世継ぎの松を同じ場所に植えた。ところが、昭和50年に、常磐・江名線が史蹟の中央を通ったために、そこから50メートルばかり西に離れた丸山の麓へ移されてしまった。」とある。
 七本松の所有者・管理者については、合併前の鹿島村政の対応や、昭和50年のいわき市鹿島公民館敷地内に移設という経緯から、「市」と考えるのが自然ではないかと考えられる。
回答プロセス
(Answering process)
『写真で綴るいわきの伝説』p176、「七本松と田村麻呂」(鹿島町走熊)の記述から、検索対象を昭和50年にしぼって、「いわき民報」の記事を検索。
住宅地図で、ファミリーマートかしま病院店が開設された周辺は、字名が「七本松」(バス停の名称も「七本松」)と、七本松が植えられていた場所の名残となっていることがわかった。
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
日本  (291)
伝説.民話[昔話]  (388)
参考資料
(Reference materials)
草野日出雄/編著. 写真で綴るいわきの伝説. はましん企画, 1977. (草野日出雄ふるさとシリーズ)
http://iss.ndl.go.jp/books/R100000001-I010455066-00
いわき民報 昭和50年6月25日 第6面
キーワード
(Keywords)
史跡七本松
いわき市鹿島公民館
鹿島村
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
文献紹介 事実調査
内容種別
(Type of subject)
郷土
質問者区分
(Category of questioner)
団体
登録番号
(Registration number)
1000235012解決/未解決
(Resolved / Unresolved)