このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] http://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000234771
提供館
(Library)
小野市立図書館 (2300029)管理番号
(Control number)
小野30-028
事例作成日
(Creation date)
2018年4月27日登録日時
(Registration date)
2018年04月16日 15時59分更新日時
(Last update)
2018年05月15日 17時43分
質問
(Question)
七福神の由来とは何か
回答
(Answer)
①『国史大辞典 6』吉川弘文館 P864
②『日本仏教史辞典』吉川弘文館 P425、426
③『世界宗教大事典』 平凡社 P818

①②③より、七福神とは、幸福をもたらす民間信仰の七神。一般に夷(えびす)・大黒(だいこく)・毘沙門天(びしゃもんてん)・弁才天(べんざいてん)・福禄寿(ふくろくじゅ)・寿老人(じゅろうじん)・布袋(ほてい)をいうが、寿老人は福禄寿と同体異名だとして、近世以降は代りに吉祥天(きちじょうてん)または猩猩(しょうじょう)を配することもある。

福禄寿、寿老人は、南極星の精であるとされ、中国の道教に由来する。
弁才天は、インドの神であり、吉祥天女とも混同された。
毘沙門天と大黒天は、ともに仏法守護の神で、インドの神に由来する。
大黒天は、厨(くりや)の神として大きな袋を持つ姿から、大国主神とも習合し、農業神として広く民間に受容された。
布袋は、後梁の実在の禅僧契此(かいし)であるが、福徳円満の姿から福神に加えられた。
夷神は、西宮の主神であり、事代主(ことしろぬし)神ともされ、あるいは蛭子(ひるこ)が海から漂着してまつられたものともされる。海辺漁民の信仰から、海運守護もしくは商業神として祭られるようになった。

成立時期は不明だが、七福神などの、福徳授与の信仰は狂言の「夷大国」「夷毘沙門」などにみられることから、室町時代には広まっていたと思われる。
複数の神仏への巡拝も古くから行われていたが、竹林の七賢人になぞらえて、七福神として描かれ信仰されるようになった。

④『国史大辞典 第9巻』吉川弘文館 P398

④より、竹林の七賢人とは、中国、三世紀半ばごろ、不安な政情を逃れ、儒教道徳に反抗して、河南省北東部一帯の竹林に集まり、酒を飲み、琴を弾じ、清談を行った七人のことである。「竹林七軒図」として描かれた。
回答プロセス
(Answering process)
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
宗教  (160)
仏教史  (182)
参考資料
(Reference materials)
国史大辞典編集委員会 編. 国史大辞典 6. 吉川弘文館, 1985-11.
http://iss.ndl.go.jp/books/R100000074-I000103122-00 , ISBN 4642005064
今泉淑夫 編 , 今泉, 淑夫, 1939-. 日本仏教史辞典. 吉川弘文館, 1999.
http://iss.ndl.go.jp/books/R100000002-I000002868241-00 , ISBN 4642013342
山折, 哲雄, 1931-. 世界宗教大事典. 平凡社, 1991.
http://iss.ndl.go.jp/books/R100000002-I000002094366-00 , ISBN 458213002X
国史大辞典編集委員会 編. 国史大辞典 第9巻 (たかーて). 吉川弘文館, 1988.
http://iss.ndl.go.jp/books/R100000002-I000001939682-00 , ISBN 4642005099
キーワード
(Keywords)
七福神
竹林七賢
七賢人
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
文献紹介
内容種別
(Type of subject)
言葉
質問者区分
(Category of questioner)
社会人
登録番号
(Registration number)
1000234771解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決