このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] http://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000234395
提供館
(Library)
豊中市立図書館 (2310050)管理番号
(Control number)
6000038601
事例作成日
(Creation date)
2018/02/02登録日時
(Registration date)
2018年04月06日 00時30分更新日時
(Last update)
2018年04月22日 14時38分
質問
(Question)
祖父母が子育てしていた頃に、仕事をしている間に赤ちゃんを入れておく「イズモ」または「イズメ」などの名前の籠があったと思うが、正しい名前など、詳しいことがわかる資料はあるか。
回答
(Answer)
以下の資料をご提供した。
●『写真でみる日本生活図引(4)すまう』須藤 功/編 弘文堂 1988(382)
●『写真でみる日本生活図引(1)たがやす』須藤 功/編 弘文堂 1989(382)
●『写真でみる農具民具』農林水産技術会議事務局/編集 農林統計協会 1988(383)
回答プロセス
(Answering process)
▽民俗や風俗に関するレファレンスブックをあたる。
●『民俗風俗図版レファレンス事典 衣食住・生活篇 』日外アソシエーツ 2015(382.1)
 →県別索引あり。「福井県」の索引をみると、「イズメ」の項目あり。下記の参照資料を確認する。

 ●『写真でみる日本生活図引(4)すまう』須藤 功/編 弘文堂 1988(382)
  →(PP.132~133)「いずめ」項目あり。「いずめ」の中に赤ちゃんがいる写真図版2点とともに構造や使い方など詳しい解説あり。「いずめ」は飯詰、「えじこ」と呼んで嬰児籠の字をあてる場合もある
 ●『写真でみる日本生活図引(1)たがやす』須藤 功/編 弘文堂 1989(382)
  →(P.31)「いずめ」の中にいる乳児に授乳している母親の写真図版と解説あり。
 ●『日本を知る事典』大島 建彦/[ほか]編 社会思想社 1980(382.1)
  →(P.239)「いずめ・つぐら」の項目あり。「いずめ」本体の写真図版と解説あり。
 ●『写真でみる農具民具』農林水産技術会議事務局/編集 農林統計協会 1988(383)
  →(P.284)「地方名は、いずめという」という説明と、福井県丸岡町のいずめの写真あり(写真は竹製)。東北や中部で使われるわら製の「いじこ」と同じように育児具であること、この地方でもこの種の育児具はわら製のいずめが一般的であることなどの説明あり。

 ●『絵引民具の事典』岩井 宏實/監修 河出書房新社 2008(383.9)
  →「えじこ(嬰児籠)」の項目に、別名として「イズメ」掲載あり。ほかエズコ、エンツコ、ツグラなど。
事前調査事項
(Preliminary research)
利用者は福井県出身で、時期は昭和10~20年代頃と思われる。
NDC
衣住食の習俗  (383)
参考資料
(Reference materials)
『写真でみる日本生活図引4』 須藤 功/編 弘文堂
『写真でみる日本生活図引1』 須藤 功/編 弘文堂
『写真でみる農具民具』 農林水産技術会議事務局/編集 農林統計協会
『日本を知る事典』 大島 建彦/[ほか]編 社会思想社
『絵引民具の事典』 岩井 宏實/監修 河出書房新社
キーワード
(Keywords)
籠(カゴ)
育児(イクジ)
いずめ(イズメ)
えじこ(エジコ)
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
文献紹介
内容種別
(Type of subject)
質問者区分
(Category of questioner)
一般
登録番号
(Registration number)
1000234395解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!