このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] http://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000234192
提供館
(Library)
国立国会図書館(National Diet Library) (1110001)管理番号
(Control number)
552486
事例作成日
(Creation date)
2018/03/09登録日時
(Registration date)
2018年04月03日 00時30分更新日時
(Last update)
2018年05月16日 15時17分
質問
(Question)
Louis Berkhof(ルイス ベルコフ)が書いたSystematic theologyの英語版を見ると、この本が何ヶ国語にも訳されていると書かれていた。日本語訳があるかどうか調べて欲しい。書名:Systematic theology 著者名:Louis Berkhof(ルイス ベルコフ) 出版社:Banner of Truth Trust 1939, 1941 The Grey House,3 Murray field Road, Edinburgh EH12 6EL
回答
(Answer)
貴館での調査から、ルイス・ベルコフ著『組織神学序論』がご照会の著作の一部を訳したものである可能性がありますが、当館では所蔵がないため確認できませんでした。
次の資料やデータベース類を調査しましたが、当館ではご照会の著作の日本語訳は見当りませんでした。
※【 】内は当館請求記号です。ウェブサイトの最終アクセスは2018年3月6日です。

〔主な調査済み資料・ウェブサイト〕     
・『翻訳図書目録』日外アソシエーツ
* 貴館に所蔵がなく未調査の1996-2000【UP63-G1】、2000-2003【UP63-H4ほか】、2014-2016【UP63-L9ほか】を確認しましたが、ベルコフの著作の日本語訳は見当りませんでした。
・Index Translationum(UNESCO)  http://www.unesco.org/xtrans/
* Louis BerkhofのSystematic theologyについて、英語から韓国語への翻訳があるようですが、日本語訳は見当りませんでした。
・WorldCat  https://www.worldcat.org/
* Louis BerkhofのSystematic theologyについて、スペイン語、ポルトガル語等への翻訳があるようですが、日本語訳は見当りませんでした。

・「改革派教理学教本」(『岡田稔著作集 2 (教理学教本)』所収)いのちのことば社 1992.12【HP11-E62】
* p.48にL・ベルコフの『組織神学』の構成についての紹介があるほか、ベルコフの著作に関する言及・引用が多数みられますが、まとまった翻訳は見当りませんでした。また、同ページに、「それに現在の学生にとって原著のままでは…(中略)著者はこの点を補うために『マニュアル』や『サマリー』を発行した。(以下略)」として、貴館でもお調べの『改革派神学通論』と井上明夫訳『キリスト教教理の要約』に言及しています。
* 「あとがき」によると、『改革派教理学教本』の初版は1969年11月30日発行ですが、本著作集は1978年12月15日発行の第3版を底本としているということです。
* 吉岡繁「「改革派教理学教本」の日本神学史的意義」(『改革派神学』(10) 1972.7【Z9-437】pp.11-30)によると、『改革派教理学教本』は、岡田氏が神戸改革派神学校でL・ベルコフの『組織神学』をテキストとして1947年来20年にわたって行われた講義を基に刊行されたということです。

・東京神学大学神学会 編『キリスト教組織神学事典』教文館 1983.7【HP2-23】
・国立国会図書館リサーチ・ナビ 調べ方案内「外国語から日本語に翻訳された単行書を探す」 http://rnavi.ndl.go.jp/research_guide/entry/theme-honbun-101067.php
・国立国会図書館オンライン  https://ndlonline.ndl.go.jp/
・リサーチ・ナビ 目次データベース  http://rnavi.ndl.go.jp/mokuji/
・国立国会図書館デジタルコレクション  http://dl.ndl.go.jp/
・『全集・合集収載翻訳図書目録』
* 45/75【UP63-E2】、76/92【UP63-E2】、1992-2007【UP63-J5ほか】の、総記・人文・社会と芸術・言語・文学の巻を確認しましたが、ベルコフの著作の日本語訳は見当りませんでした。
回答プロセス
(Answering process)
事前調査事項
(Preliminary research)
『翻訳図書目録』1945-1996.4、2004-2013日外アソシエーツには該当なし。(1996 – 2003.4は所蔵がなく調べていない。)『翻訳書原題邦題事典』日外アソシエーツにも該当なし。(ベルコフ、ルイスで1件『キリスト教教理史』の記載あり。)
CiNiiで大学図書館の所蔵を調べたところ 『キリスト教教理の要約』、『改革派神学通論』の原書名は該当しないことがわかった。東京基督教大学図書館のOPACで『組織神学序論』の内容細目にOR:Introduction to systematic theology との記載あり。下記の個人のブログに初めに出版した全4巻のうちSystematic theologyは第2巻から第4巻をまとめたもので、 Introduction to systematic theology は第1巻であるという記述があった。( http://minoru.la.coocan.jp/bakaisetu1-1%20meisyou.html
別の個人ブログの下記のページの文頭には、部分訳は見たことがあるが、全文邦訳されてはいないという記述があった。( http://www.ahsic.com/nikki/Diary/2013_04/2013_04_05
.html)また、著者の名前について、エル・ベルコフと登録されているものもある。
NDC 
参考資料
(Reference materials)
キーワード
(Keywords)
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
人文(レファレンス)
調査種別
(Type of search)
内容種別
(Type of subject)
質問者区分
(Category of questioner)
登録番号
(Registration number)
1000234192解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!