このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] http://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000234191
提供館
(Library)
国立国会図書館(National Diet Library) (1110001)管理番号
(Control number)
552111
事例作成日
(Creation date)
2018/03/08登録日時
(Registration date)
2018年04月03日 00時30分更新日時
(Last update)
2018年05月16日 14時12分
質問
(Question)
下記の本について、国立国会図書館の所蔵の有無をお尋ねします。

書名 : 大工雛形 手鏡
天文4年に、児玉家の方が書かれたそうです。

もし所蔵されていれば、ページ数などを教えてください。
回答
(Answer)
お問い合わせの「大工雛形 手鏡」は、下記のものと思われます。

手鏡
<当館請求記号:119-141 / マイクロフィルム請求記号:YD-古-4083>

参照論文には袋綴とあるところ、上記資料は長帳綴ですが、題簽に「大工/雛形」「手鏡」とあり、また写本であること、および判型や表紙の色は参照論文と一致します。さらに資料の内容、内表紙・巻末等の書き込みが参照論文の記述と一致し、同一資料と思われます。

上記資料のマイクロフィルムのコマ数は44コマです。
※この資料の題簽の上には別の紙が貼付してあり、題簽に書かれた文字は、その紙の端の剥がれた部分から覗き込めば、辛うじて読める状態です。この事情により、マイクロフィルムには、題簽の文字が読める画像が撮影されていません。

【参考】
参照論文には収載されていませんでしたが、当館では、もうひとつ児玉源助に関係すると思われる資料を所蔵していますので、お知らせいたします。

袖鑑
<当館請求記号:119-138 / マイクロフィルム請求記号:YD-古-4083>

上記資料は、写本1冊・袋綴・横本(15×21cm)です。元表紙の上に焦茶色の保護表紙がついており、本文は11丁です。以下の署名・識語があります。

内表紙「袖鑑/児玉氏」/本文1丁表「児玉氏」/本文10丁裏「児玉吉重」/内裏表紙「此書者児玉源助吉重法名教應数年懐中而揉タルヲ今日修補ス/明和三丙戌年五月廿四日/児玉甚八重矩」

この資料のマイクロフィルムのコマ数は15コマです。
回答プロセス
(Answering process)
事前調査事項
(Preliminary research)
論文「雑作雛形の書誌的考察(麓和善、河田克博、内藤昌)」(『技術と文明』8巻1号)中の「1.江戸時代中期」において、「大工雛形 手鏡」(国立国会図書館所蔵)との記載があります。
NDC 
参考資料
(Reference materials)
キーワード
(Keywords)
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
古典籍(レファレンス)
調査種別
(Type of search)
内容種別
(Type of subject)
質問者区分
(Category of questioner)
登録番号
(Registration number)
1000234191解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決