このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] http://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000233989
提供館
(Library)
大阪府立中央図書館 (2120005)管理番号
(Control number)
6001030137
事例作成日
(Creation date)
2018/02/28登録日時
(Registration date)
2018年04月01日 00時30分更新日時
(Last update)
2018年04月01日 00時30分
質問
(Question)
慢性腎不全の患者が、栄養不足になるとどのような症状となるか書かれた本が知りたい。
回答
(Answer)
・『腎臓病・高血圧Q&A100』(富野康日己/編 南江堂 2006.7)
p66に、「十分なカロリーをとっていないと、筋肉が減り体重が徐々に低下してきます。疲労や脱力感といった症状があらわれ、無気力な状態になります。…タンパク質の量が減ると抵抗力が落ちて風邪などの病気にかかりやすくなったりします」といった記述があります。
他にも、次の資料で関連記述が確認できました。

・『対話で学ぶ腎不全と透析療法の知識』(北岡建樹/著 南山堂 2014.6)p32、
・『徹底図解腎臓病と慢性透析』(富野康日己/監修 法研 2005.6)p138
・『腎臓病患者の病態・栄養指導・治療食』(北島幸枝/編著 メディカ出版 2015.12)p25
・『腎臓病のことがよくわかる本』(小松康宏/監修 講談社 2016.8)p46

[事例作成日: 2018年2月28日]
回答プロセス
(Answering process)
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
外科学  (494 8版)
参考資料
(Reference materials)
腎臓病・高血圧Q&A100 富野/康日己∥編集 南江堂 2006.7 (66)
対話で学ぶ腎不全と透析療法の知識 改訂4版 北岡/建樹‖著 南山堂 2014.6 (32)
徹底図解腎臓病と慢性透析 富野/康日己∥監修 法研 2005.6 (138)
腎臓病患者の病態・栄養指導・治療食 北島/幸枝‖編著 メディカ出版 2015.12 (25)
腎臓病のことがよくわかる本 小松/康宏‖監修 講談社 2016.8 (46)
キーワード
(Keywords)
腎臓病(ジンゾウビョウ)
腎不全(ジンフゼン)
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
文献紹介
内容種別
(Type of subject)
その他
質問者区分
(Category of questioner)
個人
登録番号
(Registration number)
1000233989解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!