このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] http://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000233972
提供館
(Library)
北海道立図書館 (2110028)管理番号
(Control number)
参調 17-0145
事例作成日
(Creation date)
2015/01/22登録日時
(Registration date)
2018年04月01日 00時30分更新日時
(Last update)
2018年04月01日 00時30分
質問
(Question)
明治17年2月15日に太政大臣三条実美から工部省に通達された鉄道布設について知りたい。
 (太政大臣の三条は、明治17年2月15日、鉄道を管轄する工部省に対し、「鉄道の敷設変換は軍事に関係有之候条処分方詮議の節、陸軍省へ協議可致此旨相達候事」とした、とありますが、このような通達(?)は何に出ているものなのでしょうか。できればこの通達全体を読んでみたいのです。よろしくお願いいたします。)
回答
(Answer)
『工部省記録』 全10冊の7冊目に収録される巻29にあたる部分「明治17年 前期 鉄道の部 甲」にあり。

『工部省記録 鉄道之部 7 巻27-30』  日本国有鉄道 1977.10

「鉄道ノ布設変換ノ儀ハ陸軍省ヘ協議スヘシ」  ⇒ 掲載ページ p.593-595
 
この中に、佐々木工部卿、太政官三条実美、陸軍西郷依道らの通達に係る関係文書3通が掲載。
回答プロセス
(Answering process)
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
鉄道運輸  (686 7版)
参考資料
(Reference materials)
1 工部省記録 鉄道之部 巻27-巻30 日本国有鉄道総裁室修史課∥編 日本国有鉄道 1977.10 686.21/NI/7

1 鉄道と日本軍 竹内/正浩?著 筑摩書房 2010.9 686.21 国内から朝鮮半島、大陸へ。鉄道が大日本帝国の勢力拡大に果たした役割とは-。鉄道の黎明期である明治初期から日露戦争までを対象に、国策・国防という軍事の視点から鉄道の発展をたどる。
キーワード
(Keywords)
鉄道布設
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
事項調査
内容種別
(Type of subject)
その他
質問者区分
(Category of questioner)
社会人
登録番号
(Registration number)
1000233972解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決