このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] http://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000233885
提供館
(Library)
福岡県立図書館 (2110014)管理番号
(Control number)
福郷-040
事例作成日
(Creation date)
20171003登録日時
(Registration date)
2018年03月31日 00時30分更新日時
(Last update)
2018年09月21日 10時10分
質問
(Question)
門司新報の廃刊時期を知りたい。
福岡県立図書館が所蔵するマイクロフィルムは昭和12年6月までになっている。
回答
(Answer)
調査の結果、門司新報は昭和13年3月までには廃刊になっていたことがわかる。

当館は、『門司新報』のマイクロフィルム(135巻)を所蔵している。
原本は、北九州市立中央図書館の所蔵で、欠号もあるが、明治26年から昭和12年6月までが含まれている。
『北九州市史』の「近代・現代 教育文化」の巻、p.725-733に門司新報について記述がある。
p.733に「昭和13年ついに休刊」とあり、注によると、昭和13年10月5日発行『毎日年艦』昭和14年版の「主要新聞紙一覧」を根拠としているが、「廃刊が昭和13年の何月であったか、明確ではない」としている。

『日本新聞年艦』復刻版の「府県別及社別実況」を確認したところ、第16巻(昭和13年版)はp.120に掲載があった。
第17巻(昭和14年版)には掲載がないが、福岡県のところに、「門司新報(明治25年4月27日創刊)は13年廃刊となり」という記述があった。またp.116に「夕刊門司新報」が掲載されていて、「北九州新聞を昭和13年3月夕刊門司新報と改題」という記述がある。門司新報の廃刊後にその名称に変えたと推測すると、13年3月までには門司新報は廃刊になっていたことになる。
回答プロセス
(Answering process)
北九州市の市史を調査した後に新聞の年鑑を調査した。
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
日本  (071 8版)
参考資料
(Reference materials)
1 北九州市史 近代・現代 教育文化 北九州市史編さん委員会/編集 北九州市 1986 K211//キ
2 日本新聞年鑑 第16巻(昭和13年版) 日本図書センター 1986.8 070/59R/S3-16
3 日本新聞年鑑 第17巻(昭和14年版) 日本図書センター 1986.8 070/59R/S3-17
キーワード
(Keywords)
門司新報
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
書誌的事項調査
内容種別
(Type of subject)
郷土
質問者区分
(Category of questioner)
社会人
登録番号
(Registration number)
1000233885解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!