このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] http://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000233862
提供館
(Library)
栃木県立図書館 (2110002)管理番号
(Control number)
tr541
事例作成日
(Creation date)
2018年03月08日登録日時
(Registration date)
2018年03月30日 20時54分更新日時
(Last update)
2018年06月09日 11時30分
質問
(Question)
鬼怒川ライン下りのはじまりについて知りたい。
回答
(Answer)
明確な開始年は特定できませんでしたが、以下の資料から、開始時期に関する記述を確認しました。

・『藤原町史 通史編』(藤原町史編さん委員会/編 藤原町 1983)
 ※藤原町は合併により現在は日光市となっています。
 p.858「鶏頂高原見晴スキー場」の項に「(昭和)五十年には「鬼怒川ライン下り」を開発し、夏の観光開発にも進出して、地元資本による温泉郷の観光開発の先頭に立って活躍している。」とあります。

これを元に、地元新聞社発行の年鑑から、昭和50年前後の観光情報を確認しました。
・『栃木年鑑 昭和48年度』(栃木新聞社編集局/編、発行 1973)
 昭和48年3月15日印刷、昭和48年3月20日発行の資料です。
 p.176-177「観光要覧」の「鬼怒川・川冶温泉」の項を確認したところ、「鬼怒川ライン下り」の見出しがありました。(p.176)
 説明として「東武鬼怒川温泉駅の下から六キロ約五十分の船下り。」とあります。

・『栃木年鑑 昭和47年度』(栃木新聞社編集局/編、発行 1972)
 昭和47年3月15日印刷、昭和47年3月20日発行の資料です。
 p.210-211「観光要覧」の「鬼怒川・川冶温泉」の項を確認しましたが、「鬼怒川ライン下り」の見出しはありませんでした。
 ※『栃木年鑑』の昭和49~52年度には「鬼怒川ライン下り」の見出しがありました。
回答プロセス
(Answering process)
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
観光事業  (689)
参考資料
(Reference materials)
キーワード
(Keywords)
鬼怒川ライン下り
観光舟
舟下り
栃木県
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
文献紹介
内容種別
(Type of subject)
郷土
質問者区分
(Category of questioner)
登録番号
(Registration number)
1000233862解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!