このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] http://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000233854
提供館
(Library)
栃木県立図書館 (2110002)管理番号
(Control number)
tr533
事例作成日
(Creation date)
2018年01月13日登録日時
(Registration date)
2018年03月30日 20時32分更新日時
(Last update)
2018年06月09日 11時40分
質問
(Question)
鹿沼箒のことが分かる資料はあるか。
回答
(Answer)
次の資料をご紹介します。
・『鹿沼箒研究 鹿沼箒百年の歩み』(腰山巌/著 鹿沼市箒商工業協同組合 1967)
鹿沼箒の研究についてまとめられている資料です。

・『鹿沼市史 後編』(鹿沼市史編さん委員会/編 鹿沼市役所 1968)
p585-586「第四章 産業経済の発展 四 近代産業の展開 8手工業 (1)箒」に箒についての記述があります。

・『鹿沼市史 民俗編』(鹿沼市史編さん委員会/編 鹿沼市 2001)
p85-87「第一編 鹿沼市の民俗誌 第一章 農村の暮らし 第二節 生業と労働 第三項 貿易と運搬 (一)特産物の取り引き」に箒蜀黍、箒屋、箒問屋について記述があります。

・『鹿沼市史 通史編 近現代』(鹿沼市史編さん委員会/編 鹿沼市 2006)
p291-292「第2部 鹿沼の町村自治と地域社会 第4章 鹿沼の新しい産業と技術 第5節 地場産業の変化」に鹿沼箒について記述があります。

・『栃木県大百科事典』(栃木県大百科事典刊行会/編 栃木県大百科事典刊行会 1980 下野新聞社)
p153「かぬま・とちぎのほうき 鹿沼・栃木の箒」に鹿沼市、栃木市の箒について記述があります。

・『栃木県史 通史編5』(栃木県史編さん委員会/編 栃木県 1984)
p242-243「第八章 商品流通の発達と交通運輸 第一節 商品流通の発達と都市・在町 二 鹿沼町の発展と市場争論」の「天保14年鹿沼町の諸商い渡世書上」の表に「61箒屋」とあります。

・『全国の伝承江戸時代人づくり風土記 聞き書きによる知恵シリーズ 9』(加藤秀俊/〔ほか〕編纂 農山漁村文化協会 1989)
p366「資料編 栃木 江戸時代栃木の物産一覧表」で「No.92 箒 都賀郡 鹿沼宿 鹿沼市」と確認できます。

・『とちぎの特産100選 県民の日記念 とちぎのいいもの・うまいもの』(山口富士男/撮影 月刊さつき研究社 1988)
「民工芸品等 96 鹿沼のほうき〈鹿沼市〉」に鹿沼のほうきについて記述があります。

・『地理実地調査報告 15』(宇都宮大学地理学教室/編、発行 1976)
p105-120「鹿沼箒産業」(金井雅博/著)に鹿沼箒についての調査報告が記載されています。

・『地理実地調査報告 昭和32年度』(宇都宮大学学芸学部地理学教室/編、発行 1958)
p59-73「鹿沼の箒工業」(中本美紀/著)に鹿沼箒についての調査報告が記載されています。

・『手仕事の日本』(柳宗悦/著 講談社 2015)
p52「第二章 日本の品物 関東」に鹿沼箒についての記述があります。

・『日本の名産事典』(遠藤元男/〔ほか〕編 東洋経済新報社 1977)
p210『関東地方 栃木県<工芸品> 鹿沼ほうき』
回答プロセス
(Answering process)
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
その他の雑工業  (589)
参考資料
(Reference materials)
キーワード
(Keywords)
鹿沼箒
栃木県
鹿沼市
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
文献紹介
内容種別
(Type of subject)
郷土
質問者区分
(Category of questioner)
登録番号
(Registration number)
1000233854解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!