このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] http://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000233800
提供館
(Library)
町田市立中央図書館 (2310058)管理番号
(Control number)
町田-179
事例作成日
(Creation date)
2016/10/19登録日時
(Registration date)
2018年03月30日 00時30分更新日時
(Last update)
2018年03月30日 00時30分
質問
(Question)
毒ヘビは毒があるのになぜ食べられるのか。
回答
(Answer)
491.59-タ『毒学教室』
p.64 毒が口から入った場合、胃酸や酵素による分解を受けるため、直接咬まれた時ほどの毒性は発揮されない。肉食獣が毒ヘビを食べても大丈夫なのはそのため。

487.9-ヘ『ヘビ飼いのきほん』
p.103 ヘビ自身には毒が作用しないので、毒が効いている獲物を丸呑みできる。主に酵素。

491.59『図解でよくわかる毒のきほん』
p.82 ヘビの毒はたんぱく質なので、熱を加えると毒性を失う。毒があるのは頭部のみなので、体を食べても問題ない。

369.3-グ『究極のサバイバルテクニック』
p.237 毒ヘビはすべて食べられるが、頭と毒腺は取り除かなければならない。

481.9『危険・有毒生物』
p.195 ヘビの毒は、唾液が変化したもの。消化液が元なので、獲物を殺すと同時に消化しやすくしている。
p.246 自分のしっぽに咬みついても死亡しないはずだ。毒ヘビの血液の中には、自分の毒に対する「抗毒素タンパク質」が含まれているからである。
回答プロセス
(Answering process)
ヘビ関連の資料にあたるが、あまり書かれていないため、毒についての資料を中心にあたった。
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
自然科学  (4 8版)
参考資料
(Reference materials)
ヘビ飼いのきほんヘビ飼い編集部/編誠文堂新光社 (p.103)
図解でよくわかる毒のきほん五十君靜信/監修誠文堂新光社 (p.82)
究極のサバイバルテクニックベア・グリルス/著朝日新聞出版 (p.237)
毒学教室田中真知/著学研教育出版 (p.64)
危険・有毒生物篠永哲/監修学研教育出版 (p.195,246)
キーワード
(Keywords)
毒(ドク)
ヘビ(ヘビ)
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
文献紹介
内容種別
(Type of subject)
質問者区分
(Category of questioner)
社会人
登録番号
(Registration number)
1000233800解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!