このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] http://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000233691
提供館
(Library)
北海道立図書館 (2110028)管理番号
(Control number)
参調 17-0129
事例作成日
(Creation date)
2009/06/25登録日時
(Registration date)
2018年03月30日 00時30分更新日時
(Last update)
2018年03月30日 00時30分
質問
(Question)
書物のことを「本」というが、そもそも草木の根元を指すはずの「本」という字がなぜ書物を指すようになったのか知りたい。
回答
(Answer)
語の意味と語の成り立ちの両面から調べたところ、参考となる次の文献を参照した。

(1)『暮らしのことば新語源辞典』 山口佳紀編 講談社 2008.11 957p 22cm
⇒ もっともわかり良い内容でしたので、抜書きして紹介。
 書籍・書物のこと。「本」は、漢語では「草木の根、根に近い部分」をさすが、日本では「物事の根本・基本」という意味から、「規範や本来のもの」をさすようになった。そこから、「書写されるもとの書物」を「本」というようになり、転じて、書物一般を指すようになった。平安中期の『枕草子』の「物語・集など書き写すに、本に墨つけぬ」の例は、書写のもとになる書物の意味である。

(2)『日本語源大辞典』 前田富祺監修 小学館 2005.4 1273,7p 22cm
⇒ 抜書きして紹介。
 漢語では、もともと、草木の根、または根に近い部分をいうが、日本では物事のもとになるもの、根本、基本の意から、規範となるもの、主たるもの、本来的なものなどをさしていう。(中略)〔語言説〕(中略)②本(もと)とし、法とするもの。手本から転じて書物<大言海>。書写されるもとの本という意味から書物をいうようになった<語源大事典=堀井令以知>。

(3)『新編大言海』 大槻文彦著 冨山房 1984.4 2254,87p 27cm
⇒ 言葉が使われるようになったいきさつに関する記述はなし。原本といったオリジナルを転じて写本などの元となる書物を「本」、転じて一般的に書物を「本」というようになったことが窺える程度の内容が紹介されている。

(4)『角川古語大辞典 第5巻 ひ-ん』 中村幸彦編 角川書店 1999.3 1098p 31cm
⇒ 「書物・書籍」の用例として増鏡、浮世床、疇昔茶唐などの古典の一文を紹介。
回答プロセス
(Answering process)
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
語源.意味[語義]  (812 7版)
参考資料
(Reference materials)
1 暮らしのことば新語源辞典 山口/佳紀?編 講談社 2008.11 813.6/KU

2 日本語源大辞典 前田/富祺?監修 小学館 2005.4 813.6/NI

3 新編大言海 大槻文彦∥著 富山房 1984.4 813.1/O

4 角川古語大辞典 第5巻 ひ-ん 中村/幸彦?編 岡見/正雄?編 角川書店 1999.3 813.6/KA/5
キーワード
(Keywords)
語源
根元
書物
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
事項調査
内容種別
(Type of subject)
言葉
質問者区分
(Category of questioner)
社会人
登録番号
(Registration number)
1000233691解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!