このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] http://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000233564
提供館
(Library)
さいたま市立中央図書館 (2210012)管理番号
(Control number)
大宮-1-00042
事例作成日
(Creation date)
登録日時
(Registration date)
2018年03月29日 10時19分更新日時
(Last update)
2018年07月05日 16時00分
質問
(Question)
天竺大将棋のルール(駒の動かし方)を知りたい。
回答
(Answer)
『ものと人間の文化史 23 将棋』増川宏一著、法政大学出版局、1985年
P100 古将棋の変遷
P103 中将棋図 12×12枡目 駒数92枚
P104~106 中将棋図 駒の進め方
P107 大将棋の駒(写真)
P108 大将棋図(駒の並べ方、進め方)
P109 
“大将棋は中将棋よりもひと廻り大きい将棋であり、「大象棋の指し方は中象棋に同じ。……成り駒も中象棋と同じ」と「象棋六種之図式」に記されているので、ほぼ同系列のものとみなされる。……” との記載がある。
P109 天竺大将棋
“盤は16×16で駒数は百五十六枚、駒の種類は三十六種類で下から六段までの布陣になっている「六種之図式」にある将棋とやや別の系列の駒が幾つかあるように思えるが、天竺(昔のインドを指した言葉)には特別な意味はないようである。” との記載がある。
P110~111 天竺大将棋図(『象戯図式)より)

大将棋の指し方は中将棋とほぼ同じとのことなので、以下で中将棋のルールを参照した。
『世界のゲーム事典』松田道弘編、東京堂出版、1989年
P169~177 中将棋のルール、駒の進め方が解説されている。
回答プロセス
(Answering process)
『ものと人間の文化史 23 将棋』法政大学出版局
『世界のゲーム事典』東京堂出版
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
将棋  (796)
その他の室内娯楽  (798)
参考資料
(Reference materials)
キーワード
(Keywords)
将棋
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
文献紹介
内容種別
(Type of subject)
質問者区分
(Category of questioner)
社会人
登録番号
(Registration number)
1000233564解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!