このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] http://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000233471
提供館
(Library)
茨城県立図書館 (2110017)管理番号
(Control number)
茨城-2017-225
事例作成日
(Creation date)
2018/02/10登録日時
(Registration date)
2018年03月29日 00時30分更新日時
(Last update)
2018年05月09日 14時22分
質問
(Question)
幕末の水戸藩士西丸帯刀について,『防長回天史』第3編上の119ページに,「西丸の日記」に基づいた記述である旨が記されている。また122ページにも,西丸の日記が使用されている。

(1) 西丸帯刀の日記は,閲覧することができるか。
(2) 翻刻して刊本になっているものがあるか。
回答
(Answer)
下記のとおり調査しましたので,ご確認ください。 
日記については,『水戸藩史料 下編』に「西丸亮の筆記」として引用されています。
なお,西丸家の史料は,現在も西丸家で所蔵しているようですが,『水戸市史』では日記(筆記)の出典を『水戸藩史料 下』としていること,『北茨城市史』でも引用していないことから,現存する史料かどうかはわかりません。

                 記

1 『防長回天史』を確認
 当館で所蔵している『防長回天史』は,1967年に柏書房より刊行された復刻版のため,ご覧になったものとページ数が異なります。
(1)『防長回天史 上巻』
http://iss.ndl.go.jp/books/R100000001-I010492101-00
第3編上 第8章 丙辰丸の盟約と長水二藩の関係
p.272余白の注記
「本章前半の記事は西丸の日記に取る所多し・・・(略)・・・本章に付ては第六編末補遺を参看すべし」との記述があります。

(2)『防長回天史 下巻』
http://iss.ndl.go.jp/books/R100000001-I010492102-00
第六編下 補遺 ◎第三編上(119頁以下)丙辰丸盟約竝關聯諸件
p.1723に西丸日記と後年水戸徳川家編輯所の依頼に応答した文書に記載があるとの記述があります。

2 「水戸徳川家編輯所の依頼」とのことから『水戸藩史料』を確認
(1)『水戸藩史料 下編』
http://iss.ndl.go.jp/books/R100000001-I046439064-00
文久二年壬戌の部(p.128-166)
p.129に「西丸亮の筆記に存せしもの左の如し」とあり7月8日から19日まで引用されています。
また,「此の筆記は万延元年七月の記にて西丸筺底に保存せし所のものなり」との注があります。

3 市町村史等を確認
(1)『水戸市史 中巻5』
http://iss.ndl.go.jp/books/R100000001-I046233300-00
第22章 尊攘運動の激化と万延文久期の藩情 第1節 桜田事変以後の藩情 長州藩士との丙辰丸盟約(p.18-23)
『水戸藩史料』を出典として解説されています。同書では「西丸の筆記」(p.19)という言葉を用いています。
また,p.20に「第8図 丙辰丸の盟約書」の写真があり,「北茨城市,西丸徹氏所蔵」と記されています。

(2)『北茨城市史 上巻』
http://iss.ndl.go.jp/books/R100000002-I000001933836-00
第5編 近世 第8章 幕末維新期の北茨城地方 第1節 激化する政争 西丸帯刀と成破の盟約/成破の盟約の影響(p.771-777)
p.774に「図8-4 丙辰丸ノ盟約綴」の写真があり,p.783の注12に,「「丙辰丸ノ盟約」西丸健夫氏蔵。同本には帯刀の手による注記が 多くみられ」と書かれています。
また,p.776に「図8-5 丙辰丸盟約当時の状況を記した西丸帯刀覚書」の写真がありますが,「水戸藩史料」に引用されている筆記とは違うも ののようです。

(3)『北茨城史壇 創刊号』
http://iss.ndl.go.jp/books/R100000001-I062474777-00
宮沢正純著「 西丸帯刀研究覚書1 」(p.59-65)
西丸家に伝わる「丙辰丸ノ盟約」について,p.65の注11に「中原邦平が「忠正公勤王事蹟」など、長州側記録編さんのために成した冊子」とあ り,p.64の本文中では「中原邦平ノ記稿」と書かれていますので,お探しの日記ではないようです。

4 所蔵先について茨城県立歴史館に照会
上記の調査より,西丸家所蔵と考えられますが,県史編纂のため収集した史料群に入っていないか,念のため茨城県立歴史館に照会しました。県史編纂での収集はなく,現在も西丸家所蔵とのことです。
回答プロセス
(Answering process)
1 『防長回天史』を確認

2 「水戸徳川家編輯所の依頼」とのことから『水戸藩史料』を確認

3 市町村史等を確認
その他の確認資料
×『北茨城市史 別巻[1]~9』
×『北茨城史壇 第2号,第10号』

4 所蔵先について茨城県立歴史館に照会
事前調査事項
(Preliminary research)
山口県文書館の西丸帯刀関係の資料は確認済み。まとまった日記という形では見当たらず。
NDC
日本史  (210 9版)
個人伝記  (289 9版)
参考資料
(Reference materials)
防長回天史上巻末松 謙澄/著柏書房
防長回天史下巻末松 謙澄/著柏書房
水戸藩史料下編吉川弘文館
水戸市史中巻5水戸市史編さん委員会/編水戸市役所
北茨城市史上巻北茨城市史編さん委員会/編集北茨城市
北茨城史壇創刊号北茨城市史編さん委員会/編北茨城市役所
キーワード
(Keywords)
西丸 帯刀(サイマル タテワキ)
丙辰丸の盟約(ヘイシンマル ノ メイヤク)
水戸藩(ミトハン)
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
書誌的事項調査
内容種別
(Type of subject)
郷土,人物
質問者区分
(Category of questioner)
社会人
登録番号
(Registration number)
1000233471解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!