このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] http://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000233235
提供館
(Library)
東京都立中央図書館 (2110013)管理番号
(Control number)
0050004173
事例作成日
(Creation date)
20171222登録日時
(Registration date)
2018年03月26日 00時30分更新日時
(Last update)
2018年03月26日 18時12分
質問
(Question)
フェルトの起源を知りたい。
回答
(Answer)
服飾・繊維関係の辞典、及び、都立DBを<フェルト><不織布>等のキーワードで調査した。

資料1の「フェルト」の項(p.726-727)によると、獣毛がもつれ合い、からみ合う(「フェルトする」という)現象は、イギリスの聖クレメントという僧侶が保温のために靴の中底に敷いていた羊毛がもつれ固まっているのに気づいたことが始まりといわれている。

一方、資料2のp.1では、聖クレメントが発見したというのは伝説であり、フェルトする現象は誰に、いつ頃発見されたかは、はっきりしていない旨が記述されている。

また、資料3のp.17では、蒙古の遊牧民が自然にもつれた羊毛のシートを体に巻きつけたとされることや、古代アラビアがラクダの毛をサンダルの底敷きにしていたことがフェルト(不織布)の始まりとされているが、その歴史はもっと古いと考えた方がよいと述べている。

資料4のp.64では、フェルト技術は、自然発生的に縮絨(しゅくじゅう)した獣毛の状態にヒントを得て、羊と生活する人々が発展させたとしている。紀元前19世紀頃のミイラが、すでにフェルトの帽子を身に着けていたことも紹介されている。
回答プロセス
(Answering process)
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
繊維工学  (586 9版)
衣服.裁縫  (593 9版)
染織工芸  (753 9版)
参考資料
(Reference materials)
【資料1】服飾辞典 / 文化出版局/編 / 文化出版局 , 1979.3<R/5930/23/79>
【資料2】フェルトと不織布 / 祖父江寛/編 / 金原出版 , 1968<5014/A956/A2-9>
【資料3】不織布のおはなし 織らない布って何だろう? / 朝倉 健太郎/共著 / 日本規格協会 , 2008.9<586.6/5007/2008>
【資料4】織物以前 タパとフェルト / LIXIL出版 , 2017.9<753.0/5165/2017>
キーワード
(Keywords)
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
事実調査
内容種別
(Type of subject)
質問者区分
(Category of questioner)
登録番号
(Registration number)
1000233235解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!