このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] http://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000233079
提供館
(Library)
大阪府立中央図書館 (2120005)管理番号
(Control number)
6001029901
事例作成日
(Creation date)
2018/02/09登録日時
(Registration date)
2018年03月24日 00時30分更新日時
(Last update)
2018年03月24日 00時30分
質問
(Question)
戦国時代、理慶尼が記したと伝わる『武田勝頼滅亡記』とはどんなものか。原文を読みたい。
回答
(Answer)
『国史大辞典 15上 補遺』(国史大辞典編集委員会/編 吉川弘文館 1996.6)の「史料」p.207で確認したところ、『国史大辞典 4 き-く』(国史大辞典編集委員会/編 吉川弘文館 1984.2)のp.1031「群書類従」の項から以下の資料に掲載があることが分かりました。

・『続群書類従 第21輯 上 合戦部』(塙保己一/編纂 続群書類従完成会 1979)
p.313-329 に『武田勝頼滅亡記』の原文があります。

また、『国史大辞典 14 や-わ』(国史大辞典編集委員会/編 吉川弘文館 1993.4)p.542「理慶尼記」に「甲斐武田勝頼の滅亡に取材し、武田氏一門勝沼信友娘の理慶尼(?-1611)の回想に仮託した偽書。一名、『武田勝頼滅亡記』」とあり、『理慶尼記』と『武田勝頼滅亡記』が同じ史料であることが分かりました。

『理慶尼記』で調査すると、以下の資料に掲載されていました。
・『甲斐叢書 第8巻』(甲斐叢書刊行会 1935)p.425-440
・『戦国史料叢書 第2期13 武田史料集』(人物往来社 1967)p.318-336に掲載されており、p.316-317には解題があります。

<国立国会図書館デジタルコレクション>
http://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/2533514 (2018/2/9現在)
保護期間満了によりインターネットで一般公開されています。

[事例作成日:2018年2月9日]
回答プロセス
(Answering process)
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
日本史  (210 8版)
日本語  (081 8版)
参考資料
(Reference materials)
国史大辞典 15上 国史大辞典編集委員会∥編 吉川弘文館 1996.6 (207)
国史大辞典 4 国史大辞典編集委員会∥編 吉川弘文館 1984.2 (1031)
続群書類従 第21輯 上 訂正3版 塙/保己一∥編纂 続群書類従完成会 1979 (313-329)
国史大辞典 14 国史大辞典編集委員会∥編 吉川弘文館 1993.4 (542)
甲斐叢書 第8巻 甲斐叢書刊行会 1935 (425-440)
戦国史料叢書 第2期13 人物往来社 1967 (316-317、318-336)
http://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/2533514  (『武田勝頼滅亡記』<国立国会図書館デジタルコレクション)
キーワード
(Keywords)
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
書誌事項調査
内容種別
(Type of subject)
質問者区分
(Category of questioner)
個人
登録番号
(Registration number)
1000233079解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!