このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] http://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000233063
提供館
(Library)
大阪府立中央図書館 (2120005)管理番号
(Control number)
6001029842
事例作成日
(Creation date)
2018/02/06登録日時
(Registration date)
2018年03月24日 00時30分更新日時
(Last update)
2018年03月24日 00時30分
質問
(Question)
「鎮守の森」についてて書かれた本を知りたい。
回答
(Answer)
<図書>
・『神さま お宮 鎮守の森:神社のすべてがわかる123のポイント』(小野迪夫/著 中外日報社 1984.10)
p.20 「大自然の恩恵の源に神がまつられる理由 ●鎮守の森●」によれば、森とは、「われわれに対する大自然の恩恵の源である。たえまなく大気を浄化し、地中ふかく水をたくわえて、地上をうるおしつづけている。そして、氏子区域の守護神は、この森に氏神として祭られる。」すなわちこの森が、「鎮守の森」であると説明しています。
p.28 「古く、モリは社と同義である。」との記述があります。

・『神道の謎を解く本』(岡田精司/ほか著 洋泉社 1999.4)
p.169 藤原一繪「【神社と森林】鎮守の森は、今どうなっているか?」
「古代、「神社」や「社」の文字は「モリ」と読まれたが、単に樹木のおい茂った地域を指すのではなく神の座す地域、区域を示していた。」とあります。
年々減少している「鎮守の森」について記述されています。また、日本列島に存在する「鎮守の森」も含めた社寺林における調査についての説明もあります。

・『鎮守の森』(宮脇昭/著 新潮社 2000.4)
資料編p.158-159に「全国「鎮守の森」30選」が掲載されています。

・『身近な森の歩き方:鎮守の森探訪ガイド』(上田正昭/監修 文英堂 2003.5)
社叢学会(「鎮守の森」を始めとする社寺林などについて学際的に研究するNPO法人)の企画・編集した本です。

・『探究「鎮守の森」:社叢学への招待』(上田正昭/編 平凡社 2004.11)
p.250-252 「鎮守の森」に関連した文献リストがあります。

・『鎮守の森』(上田篤/編著 鹿島出版会 2007.5)
上記図書と同様社叢学会のメンバーによる図書で、「鎮守の森」の現代的意義を踏まえて執筆された本です。

・『森と神と日本人』(上田正昭/著 藤原書店 2013.8)
p.11-23 森と日本人:自然と人間の共生の場・「鎮守の森」の再生
p.84-94 「鎮守の森」と日本の文化


[事例作成日:2018年2月6日]
回答プロセス
(Answering process)
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
神道  (170 8版)
日本史  (210 8版)
林業経済.行政.経営  (651 8版)
参考資料
(Reference materials)
日本国語大辞典 第9巻 第2版 小学館国語辞典編集部∥編集 小学館 2001.9 (178)
世界大百科事典 18 改訂新版 平凡社 2007.9 (490)
神さま お宮 鎮守の森 小野/迪夫∥著 中外日報社 1984.10 (20、28)
神道の謎を解く本 岡田/精司∥ほか著 洋泉社 1999.4 (169)
鎮守の森 宮脇/昭∥著 新潮社 2000.4 (158-159)
身近な森の歩き方 上田/正昭∥監修 文英堂 2003.5
探究「鎮守の森」 上田/正昭∥編 平凡社 2004.11 (250-252)
鎮守の森 上田/篤∥編著 鹿島出版会 2007.5
森と神と日本人 上田/正昭∥著 藤原書店 2013.8 (11-23、84-94)
キーワード
(Keywords)
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
文献紹介
内容種別
(Type of subject)
その他
質問者区分
(Category of questioner)
個人
登録番号
(Registration number)
1000233063解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!