このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] http://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000233030
提供館
(Library)
岡山県立図書館 (2110029)管理番号
(Control number)
M18021016587783
事例作成日
(Creation date)
2017/12/1登録日時
(Registration date)
2018年03月24日 00時30分更新日時
(Last update)
2018年12月05日 00時30分
質問
(Question)
植物にも血液型があると聞いたことがあるが本当か。
回答
(Answer)
「血液」に関する分野と「植物」に関する分野の両面から、以下の資料を紹介した。

『よくわかる最新血液型の基本としくみ』には、「血液型ってヒトだけにあるの?」という項目で「植物の血液型」について解説がある。「植物の1割がヒトの血液型物質に似た物質を持つ」と書かれており、「植物ではABO式とルイス式が確認されています。」と紹介されている。「植物に見られる血液型類似物質」という表には、A、B、O、AB型類似物質を持つ植物が一覧になっている。

『面白くて眠れなくなる植物学』には、「植物の血液型は?」という項目で、マメ科の植物を例に、植物の血液型について解説がある。「植物の中には、血液型の検査をすると、人間の血液と同じような反応をする物質を持つものがあることが知られています。(中略)植物を血液検査すると、O型やAB型が多いようです。」と記載されている。

『教室では教えない植物の話』には、「植物にも血液型があるそうですが、ほんとうですか?」という項目で、植物の血液型について解説がある。「人間の血液型を調べる方法を植物にあてはめてみると、一部の植物(約10パーセント強)が、人間の血液型と同じような反応を示す」とあり、「ある種の植物は、人間の血液型と同じような反応を示しますが、それは植物に血液があるためではなく、たまたま、その植物の体の中に人間の赤血球をつくっている糖たんぱくと同じ物質が含まれているためなのです。」と記載されている。
回答プロセス
(Answering process)
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
一般植物学  (471 9版)
参考資料
(Reference materials)
松尾友香『よくわかる最新血液型の基本としくみ』 秀和システム,2009,215p. 参照はp.94-95.
稲垣栄洋『面白くて眠れなくなる植物学』 PHPエディターズ・グループ,2016,205p. 参照はp.112-115.
岩波洋造『教室では教えない植物の話』 講談社,1986,213p. 参照はp.31-33.
キーワード
(Keywords)
植物
血液型
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
M2018021016503287783
調査種別
(Type of search)
内容種別
(Type of subject)
質問者区分
(Category of questioner)
全年齢
登録番号
(Registration number)
1000233030解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!